内田篤人 名言

女子にモテモテ!大人気のサッカー選手といえば内田篤人選手!♡ 内田篤人(うちだ あつと) 職業:プロサッカー選手 誕生:1988年3月27日 出身:静岡県田方郡函南町 静岡県田方郡函南町出身のプロサッカー選手。ポジションはDF(右サイドバック)。元日本代表。 Sponsored Link 内田篤人の名 内田篤人選手の名言 「言い訳や文句は言うべきではない」 結局、言い訳したって、文句を言ったって、ミスを取り返すことはできないし、上手くなるわけではない。悔しいことだけれど、試合でしか挽回できないんだ。だから言い訳や文句は言わない。 内田篤人 名言. │ 総訪問者数:060288229 │ 内田篤人 名言. (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 日本人はなんでも一生懸命やろうとするし、練習試合も勝たないといけないと思う。まじめすぎるんです, 今の自分がもうひとつ上に行けるレベルにないというのも、悔しいけど感じていますね。だから、トップレベルのチームで主力として活躍し続ける選手は、本当に凄いと思う。日本にはまだ、そういう選手はいないですからね, やっぱり誰かしらがサボらないんでしょうね。前線の選手が守備をサボる分、誰かがめちゃくちゃ汗をかく。技術があって、走力もあって、頭も良い。本当に評価されるべきは、そんな攻守を高いレベルでできる選手だと思いますけどね, 毎日、地道に淡々とやって、結果だけを出しときゃいい。不言実行。それが一番カッコいいから, 僕のサッカー人生はこのまま進んでもいいのかと考える時間が増えてきて、じゃあ、積みあげてきたものを全部取っ払うのも手じゃないかと思った。リセットボタンを押しちゃえって, 皆さんには、夢を聞かれたとき、「僕の夢はこれです!」とか、「私の夢は○○です!」みたいに胸を張って言えるような人になってもらいたい, 我慢して、我慢して、それでも勝ったという経験をしているかどうか。そういった成功体験を多くしていれば、チームとして我慢を貫ける, プレーしているのは自分。経験したことのない人たちに言われても、「経験がない人たちが想像で言っているんだ」というくらいにしか思わない。, 努力している人は必ず報われるは甘いです。僕が思うに逆です。成功している人、輝いている人は必ずどこかで努力してきています。努力すべては報われないかもしれませんが、努力を始めない限り、スタート地点にも立てていないんです, 僕が評価や批判をするときには、僕なりの定義がある。それは"自分が経験したことがあること"についてなら、評価や批判をしてもいいというもの, 夢は必ず叶うという言葉も信じていない。夢は願えば必ず叶うものではない。成功している人は絶対に人がしないような努力をしている, 僕はどうしようもないなら無理に波を変えようとせず、じっくりと回復を待つことにしている。状況が待ってくれないことがあるかもしれないが、「今はこういう時期なんだ」と言い聞かせて、慌てないことが大事だと思っている。それが自分を見失わない方法でもあるんだ, 気持ちが落ちるなら、一番下まで落ちてしまえばいい。そうなれば、あとは上がるしかないから。そして、いつ考えても、結局「やるっきゃない」という結論におちつく。もう考えてもしょうがないような気がしたから、考えないようにした, ファンの方が日本らしいサッカーとか、いいサッカーとか、見ていて面白いサッカーとか、いろいろ求める気持ちは理解できる。, この前のケガのときはもっと痛くてもやった。じゃあ次も大丈夫かって、痛みに対する限界が広がっていけば、ケガに対して強くいられる。これは根性論でもあるかもしれないけれど、昔からそうやってきている, 僕が一番注目するのは、監督が怒ったとき。遠くにいても、ほかの選手のどんなパスに怒ったのか、どんな動きを注意したのかを知りたい。, 勝つチームには「勝ち癖」がついている。試合をやっていれば、苦しい時間、我慢しなければいけない時間というのが必ずある。相手が強くなればなるほど。我慢する時間は増える。そこで、チームとして我慢するぞとなって、その我慢をやり通せるか、やり通せないか, 嬉し涙は我慢できないものだと知った。自然にぽろぽろ落ちてくる。我慢しようとすればするほどこみ上げてくる。僕は何回でもあの涙を流したい, (吉田)麻也は下僕ですから。召し使いですから。その辺にごみ捨てときゃ後で捨てといてくれるしソファーに座ってればご飯作ってくれる, サッカー選手というか、人間は黙々と、コツコツと、結局そこかなって思っているんで。やる前にいくら言ってもね, 僕は高校1年のとき、一度、夢をあきらめてしまったんです。普通に自分の夢を書けばよかったのに逃げてしまった。そんな自分が、ちょっと恥ずかしかったし、悔しかった。それが少しだけ心残りです, 小さい頃から先を見据えて、夢を持っていれば、その後も自分の意志で進んでいけると思うんです, 悔いを残さないこと。『あと5メートル、全力で走ればチャンスになっていたのに』『あと1秒、集中していればピンチを防げたのに』という後悔のない90分間にする, 試合にも勝てて、毎年優勝争いもして、オフにはみんなでゴルフなんかしたりしてね。この生活は超楽しいよね。このまま、ずっと鹿島にいられればいいなと思っちゃうよね。でも、現実は違う。毎日が繰りかえし。僕はただ、やっているだけ。しているだけ, 海外に行ってもみんなが成功するわけじゃない。でも、チャレンジしないことには何も始まらない。自分があれだけ悩んで決めたことだから、僕はこの道を進む, 最近、契約が切れるときに移籍する「0円移籍」が増えてきている。ひとつの手段、権利として認められているけれど、それはできなかった。ほかのクラブの選手とは、クラブに対する愛情が違う。移籍金は言い換えれば、クラブが僕に注いでくれた愛情への対価。たくさんの移籍金を残したい。僕はそう思ったし、クラブがそう思わせた。それだけ鹿島は選手を大事にするクラブだった, 骨折とか、アキレス腱断裂の大ケガは別として、筋肉の炎症やねんざくらいのケガなら、自分から休むとは言わない。休むことでチームに迷惑を掛けたくないと思ったら、監督に内緒で痛み止めの薬を飲んででも試合に出る, 僕はプレッシャーを受けても安全なパスではなくて、逆に突破口を開くようなパスを狙っている。そうすると、相手の守備が崩れる。相手が前に守備に来ているから、そのパスが通れば、一気にチャンスになる, 右サイドバックは、ピッチの後方から全体を見渡すことができる。チームが今、何を欲しているのか、どういう動きを必要としているのかを感じやすいポジション。だから、僕はここで上がればチームは楽になるとか、ここで相手を削れば助かるとか、そういうことを考えながらプレーしている, パスを出すときは、バウンドも計算する。ボールを受けるときは、相手が出しやすい位置に顔を出す。一言で言えば、気配り, 僕にとって、好きな監督とは「僕を試合で使ってくれる」監督。これにつきる。選手は試合に出てなんぼだし、やっぱり試合に出られないと鬱憤がたまる。サッカーをすることが仕事だから、仕事をしていない感じがする(笑), 勝つチームはいつも決まっているような気がする。勝てないチームはあと一歩で負けることが多い。ふと、その理由はなんだろうと思った。 これは僕なりの答えなのだけれど、勝つチームには“勝ち癖”がついているからじゃないかな, 成し遂げたときに「良かったですねー」「また、後輩の誰かが成し遂げますよー」とさらっと言いたい。それが僕の目指す人間像であり、男の美学だと思っている, 尊敬する人の意見は聞く。尊敬する人というのは、自分に足りないものを持っている人で、満男さんや岩政さん、アッキーだったりする。そういう人たちから言われることには、耳を傾ける, いつでも僕は自分の言葉で話すようにしている。語彙が多いほうではないかもしれないけれど、ありきたりで、上っ面だけの言葉では人には伝わらないし、相手に失礼だと思う, 時には批判を受けたり、面白がって揚げ足をとられたりもするけれど、今後も僕なりの言葉を搾り出そうと思う, 見られる立場にあるから、いつも自分の見せ方というのは僕なりに考えている。僕のように世間に対する影響力がある仕事をしている者は、よく考えて発信しなければならない, 理想は、どんな監督でもどんなサッカーでも、常に試合で使われる選手になること。そういう選手に近づけるように、いつも競争ということを意識して、サッカーに向き合っている, 僕はもともと言葉が好きじゃない。言葉には影響力があるというのは分かるけれど、どこかきれいごとのような気がする。物は言い様というくらいだから、何かをごまかすために言葉が使われるというイメージだ。, サッカー選手である僕に、サッカー以外の欲は必要ないと思っている。これが欲しいっていう物欲もないし、趣味らしい趣味もない。今はサッカーを中心にしていればいいし、それ以外のことはサッカーをやめたあとでもできることだから、将来に楽しみを取っておく感じ, 僕のことを理解してもらうのには、時間はかかるかもしれない。でも最後に、こいつは静かだけど、そんなに悪いヤツじゃない、意外とおもしろいヤツだって分かってもらえれば、それでいいんじゃないかな, 僕はブログもツイッターもやらない。何を書いたらいいか分からないし、書きたいとも思わない。自分がなにげなく書いたことが誰かを傷つけるかもしれないから、僕は今後もピッチでのみ表現していく, 話す必要がないときであれば、他人と一緒にいても世間話はしない。 相手に合わせて雑談はしないし、できない。そういうのは人に合わせているみたいで嫌だ, 自分を曲げてまで、周りの人に好きになってもらいたいとは思わない。それで「感じが悪い」と嫌われることになっても、「はい、すいませんでした」って諦められる, 基本的に本心を知られたくない。嬉しいときも、落ち込んでいるときも、それを人に感じられたくない。 「元気ないね?」「何かあった?」と気遣われるのさえ、嫌だ, 世の中にある様々な名言や格言集をどんどんご紹介しております。優れた経営者や科学者、哲学者・恋愛、人生、幸福など新ジャンルもどんどん追加しておりますので、名言辞典としてご利用いただけます。, 当サイトではこういうテーマの名言を掲載して欲しい、この人物の名言や格言集を掲載して欲しいといったご要望にお応えしております。, もし取り上げて欲しいといった人物等ございしたらお問い合わせフォームよりお送り下さいませ。弊社で調査を行い掲載可否を判断させていただきます。. 内田篤人、愛娘にデレデレ「だって、めっちゃくちゃかわいいんだもん」 2017.7.26 怪我から復帰し、次シーズンからいよいよ本格始動する、内田篤人選手が登場。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 皆さんには、夢を聞かれたとき、「僕の夢はこれです!」とか、「私の夢は○○です!」みたいに胸を張って言えるような人になってもらいたい, 僕は元々言葉が好きじゃない。言葉には影響力があるというのはわかるけれど、どこか綺麗ごとのような気がする。, メディアからよく練習の内容を聞かれるけど絶対に言わない。そういうことは一緒に戦う仲間とか自分の周りにいる少しの人間だけがわかっていればいい, 失点して試合に負けたならディフェンスとして仕事ができなかったのだからメディアやサポーターの叩かれればいい, 他人のせいにしてる奴はいいんだよ伸びないから。俺が起こられるのかよって思ったときは俺のせいだと思ってそいつが伸びる分をじゃあくださいってね, 痛みに対する限界が広がっていけばケガに対して強くいられる。これは根性論でもあるかもしれないけど、昔からそう信じてる, 話す必要がないときであれば、他人と一緒にいても世間話はしない。相手に合わせて雑談はしないしできない。そういうのは人に合わせているみたいでいやだ, 試合をやっていれば、苦しい時間、我慢しなければいけない時間というのが必ずある。相手が強くなればなるほど。我慢する時間は増える。そこで、チームとして我慢するぞとなって、その我慢をやり通せるか、やり通せないか, 僕はどうしようもないなら無理に波を変えようとせず、じっくりと回復を待つことにしている。状況が待ってくれないことがあるかもしれないが、「今はこういう時期なんだ」と言い聞かせて、慌てないことが大事だと思っている。それが自分を見失わない方法でもあるんだ, 日本人は何でも一生懸命やろうとするし、練習試合も勝たないといけないと思う、まじめすぎるんです, いつでも僕は自分の言葉で話すようにしている。語彙が多いほうではないかもしれないけどありきたりで上っ面だけの言葉では人には伝わらないし相手に失礼だと思う, 休みことでチームに迷惑をかけたくないと思ったら監督に内緒で痛み止めの薬を飲んででも試合に出る, 成し遂げたときに「良かったですねー」「また、後輩の誰かが成し遂げますよー」とさらっと言いたい。それが僕の目指す人間像であり、男の美学だと思っている, 基本的に本心を知られたくない。うれしいときも落ち込んでいるときも。それを人に感じられたくない, プレーしているのは自分。経験したことのない人たちに言われても、「経験がない人たちが想像で言っているんだ」というくらいにしか思わない。, 我慢して、我慢してそれでも勝ったという経験をしているかどうか。そういった成功体験の差ではないだろうか, キツイ練習をキツイ顔してやっていたらそれはもう、ただきついだけ。でも仲間と気持ちを盛り上げてトレーニングすると限界突破ができるんです。, 僕は高校1年のとき、一度、夢をあきらめてしまったんです。普通に自分の夢を書けばよかったのに逃げてしまった。そんな自分が、ちょっと恥ずかしかったし、悔しかった。それが少しだけ心残りです, 僕が評価や批判をするときには、僕なりの定義がある。それは”自分が経験したことがあること”についてなら、評価や批判をしてもいいというもの, 僕はプレッシャーを受けても安全なパスではなくて、逆に突破口を開くようなパスを狙っている。そうすると、相手の守備が崩れる。相手が前に守備に来ているから、そのパスが通れば、一気にチャンスになる, 理想は、どんな監督でもどんなサッカーでも、常に試合で使われる選手になること。そういう選手に近づけるように、いつも競争ということを意識して、サッカーに向き合っている, 僕が一番注目するのは、監督が怒ったとき。遠くにいても、ほかの選手のどんなパスに怒ったのか、どんな動きを注意したのかを知りたい。, サッカー選手というか人間はもくもくとコツコツと結局そこかなって思ってるんで。やる前にいくら言ってもね, サッカーは集団行動のスポーツですから。自分から仲間の中に飛び込んでいかなくてはならないから、人と仲良くなれる。僕も、子供の頃からサッカーを中心に友達が広がっていきました, 試合で頑張るのは当然。一番頑張るのは練習かな。練習からみんな戦っているから、この練習をやれていればいいなと思っている。, プロである今は仕事でもありますから、悩むことはあります。それが続いてスランプになると、ボールを受けるのも怖くなる。ただ、あるとき「あ、これ以上悩むのは無駄だな」と気づいた瞬間があったのです。以来、だいぶ心は強くなったと思います。, パスを出すときはバウンドも計算する。ボールを受けるときは相手が出しやすい位置に顔を出す。一言でいえば気配り, 骨折とかアキレス腱断裂の大けがは別として筋肉の炎症や捻挫くらいのけがなら自分から休むとは言わない。, 自分が何気なく書いたことがだれかを傷つけるかもしれないから僕は今後もピッチでのみ表現していく, ケガをしなければチームに迷惑をかけない計算ができる選手となるし競争の世界を勝ち抜くうえでも有利だ, 僕のように世間に対する影響力がある仕事をしている者はよく考えて発信しなければならない, 嬉し涙は我慢できないものだと知った。自然にぽろぽろ落ちてくる。我慢しようとすればするほどこみ上げてくる。僕は何回でもあの涙を流したい, 僕のことを理解してもらうには時間はかかるかもしれない。でも最後にこいつは静かだけどそんなに悪い奴じゃない意外と面白いやつだとわかってもらえればそれでいいんじゃないかな, 平常心を保つには何事も大げさに予想しておくことですかね。そうすると「おお、この程度ね」みたいな感じになるので, 試合にも勝てて、毎年優勝争いもして、オフにはみんなでゴルフなんかしたりしてね。この生活は超楽しいよね。このまま、ずっと鹿島にいられればいいなと思っちゃうよね。でも、現実は違う。毎日が繰りかえし。僕はただ、やっているだけ。しているだけ, 一つのモチベーションはお金ですね。プロサッカー選手は仕事なワケですし。お金は結果の報酬でありサッカー選手としての評価です。いい選手にしかお金を払わないのは当然。価値がある選手がたくさんお金をもらうのは当然のこと。そういう意味でもお金は一番嘘をつかない, 努力している人は必ず報われるは甘いです。僕が思うに逆です。成功している人、輝いている人は必ずどこかで努力してきています。努力すべては報われないかもしれませんが、努力を始めない限り、スタート地点にも立てていないんです, 小さいころから先を見据えて、夢を持っていればその後も自分の意志で進んでいけると思うんです。, 僕はなるべく「人のために」という意識が強くなりすぎないようにしています。ファンの方の応援はもちろん嬉しいのですが、「ファンのために絶対勝たねば」と考えると、かえってプレッシャーに負けてしまう。頑張るのはあくまで自分であり、その結果を負うのも自分。期待を背負い込みすぎないほうがいいというのが、僕の行き着いた結論です。, 海外に行ってもみんなが成功するわけじゃない。でもチャレンジしないことには何も始まらない。自分があれだけ悩んで決めたことだから僕はこの道を進む, 時には批判を受けたり面白がって揚げ足をとられたりもするけれど、今後も僕なりの言葉を絞り出そうと思う, 気持ちが落ちるなら、一番下まで落ちてしまえばいい。そうなれば、あとは上がるしかないから。そして、いつ考えても、結局「やるっきゃない」という結論におちつく。もう考えてもしょうがないような気がしたから、考えないようにした, 今の自分がもうひとつ上に行けるレベルにないというのも、悔しいけど感じていますね。だから、トップレベルのチームで主力として活躍し続ける選手は、本当に凄いと思う。日本にはまだ、そういう選手はいないですからね, サッカーでは監督が戦術を考えるより、コーチが考えるチームの方が上手くいくことが多いんです。具体的な作戦はコーチに任せ、監督は選手に「行ってこい」と言うだけ。それで選手が動くカリスマ性があれば、監督はサッカーを知らない人ですらいいと思います。, 僕らは芸能人と違って人気商売ではないので特に人から好かれる必要はありません。だからメディアに出させていただくときも聞かれると好きなことをいっちゃう。「なんだよ内田」って言われてもサッカーで結果を出せば問題ないので, 選手は試合に出てなんぼだしやっぱり試合に出られないと鬱憤がたまる。サッカーをすることが仕事だから仕事をしていない感じがする, 悔いを残さないこと。『あと5メートル、全力で走ればチャンスになっていたのに』『あと1秒、集中していればピンチを防げたのに』という後悔のない90分間にする, 僕は敵サポーターからのブーイングやヤジを聞くと、むしろやる気が出るんです。敵からのブーイングはある意味、褒め言葉でもありますよね。, 周りから何を考えているのかわからない不思議なやつだと思われるくらいがミステリアスな感じもしてちょうどいい.

ナイキ 40代 レディース, ザム スプロケット 評判, 要点マスター 世界史b確認問題集 答え, Keynote グループ化 Iphone, Amazonギフト メッセージアプリでシェア できない,