佐藤康光 藤井聡太

上記のnoteには将棋ファン以外の方々にもわかりやすく感動を伝えるために、藤井二冠の立ち位置を際立たせ、ストーリー性を高めるための脚色が数多く施されています。いわば映画や大河ドラマのような、事実を元にしたフィクションのようなものです。多くの人に将棋の魅力を伝えた記事でしたが、一方で過度な藤井神格化に違和感を覚える声もありました。今回の記事では元記事における表現の真偽を可能な限り調べ、藤井二冠に限らず多くの登場人物の努力で発展してきた将棋界の「本当のストーリー」をあぶり出していきます。, 元記事のストーリーの要になっている「将棋はゲーム」発言に関しては、こちらの記事で紹介されています。, 記事の内容はnote記事とほぼ同じですが、羽生が将棋をゲームとみることで将棋の真髄を捉えようとしている様子が伺えます。, テレビゲームのくだりは筆者が補った、いわゆる一種のこじつけであり、筆者の主観で書かれた以下のパートも元記事の印象とは大きく異なります。, 記事ではすっ飛ばされていますが、実はプロ棋士にとってはこれらは将棋ソフト以上に大きな変化だったかもしれません。ここでは、羽生善治著『決断力』を引用します。, 棋譜のデータベース化によって、将棋が勝負するものから勉強するものへと変わったと語られています。羽生世代を語る上で欠かせないのが島研の存在ですが、Wikipediaにも、島研時代にパソコンによるデータ管理が発達し、研究量で他を圧倒した様子が記されています。, 「将棋はゲーム」のくだりはテレビゲームの発売によって生まれたわけではなく、データベースによって過去の棋譜を参照し、研究することが可能になったことによる時代の変化によるものだと考えられます。そして、これこそが羽生世代が前の世代を一掃した一番の理由でした。, コンピュータ将棋と将棋連盟の間には確かに対立がありました。2005年10月に将棋連盟は連盟に無断でプロ棋士とコンピュータが対局することを禁止するお触れを出し、その後2012年に電王戦が開催されるまで人間との対戦は数度しか行われませんでした。, 当時トップ棋士だった羽生さんとの対局も実現しないまま、2015年に情報処理学会はコンピュータ将棋プロジェクトの終了宣言を出し、プロ棋士も消極的ながらそれを受け入れました。, コンピュータ将棋ソフトPuella α開発者の伊藤英紀はこの宣言についてこう語っています。, 一方で、プロ棋士には、ソフトを積極的に活用する者、ソフトを否定する者、時代に任せる者とコンピュータとの関わり方に関して、様々な考えがありました。これについては、大川慎太郎著『不屈の棋士』(2016年)で詳しく知ることができます。, 2017年に名人が負けたことは、実は棋士の間でもファンの間でもあまり話題になっていません。将棋ソフトと棋士との関わりについて書かれた『不屈の棋士』でも、2013年に開催された第2回電王戦第5局の三浦九段の敗北をトップ棋士が重く受け止めている様子が書かれており、2015年の情報処理学会の「トップ棋士を超えた宣言」も消極的ながら棋界に受け入れられました。そのため、2017年には既にコンピュータとプロ棋士との決着はほぼついていると考えている者が多かったのです。, 電王戦は数年に渡って繰り広げられましたが、note記事ではわかりやすく2017年の名人vsPonanzaに対象を絞ったのでしょう。, 記事の方ではこう書かれていますが、むしろ対立の時代が明け、将棋連盟とドワンゴの協力によって、興行としての動きを見せたのが電王戦だったと言えます。, 電王戦は決して余興ではなく、現在将棋界でタイトルホルダーとなっている豊島竜王や永瀬二冠が含まれるメンバーリストを見ても、若手からベテランまで有力棋士を揃えた本気のイベントであることがわかります。(8/30 追記)電王戦の開催に向けて動いたのは、ドワンゴよりも故・米長会長によるものだったようです。, 電王戦に関してはただファンが離れただけではなく、将棋ファンを増やすような興行でもあったと語られています。森内九段のコメントを引用します。, 電王戦は対コンピュータとの対決でありながら、人間が対局する魅力を伝えることに成功しました。これは想像ですが、もし電王戦がなかったら一般の人にとってのコンピュータは、知らない間に棋士を越えていった存在となっていたのではないでしょうか。そうなっていたら、将棋中継で評価値だけを伝えるコンピュータの存在に対して、, ここでもnote筆者の主観が補足されています。Ponanza開発者の山本さんは一区切りついたとやめてしまいましたが、そこでコンピュータ将棋が終わったわけではなく、2020年現在では、2017年当時のソフトに対して飛車角を使わずに勝つほど強くなっています。, ヤバいぐらい強いコンピュータ将棋ソフトに大駒落ちで勝ち越せる人類は何人存在するか?(松本博文) - 個人 - Yahoo!ニュース, コンピュータ将棋開発者にとっても、将棋は人間を倒すだけのものではなく、純粋に強くしたいものであり続けているのです。プロ棋士である千田七段も「開発者の方々は技術に対する意欲が強くまじめ、ポナンザ開発者の山本さんの情熱はおかしいくらい」と『不屈の棋士』の中で評しています。, また、コンピュータ将棋ソフトelmoが使うことで注目されたelmo囲いが、プロ棋士の間でも流行し、新たな戦法、定跡の開発や進歩に大きな役割を果たした者に与えられる、升田幸三賞が史上初めて将棋ソフトに与えられました。, と回答しています。かつての対立の時代は終わり、現在では、プロ棋士とコンピュータ将棋は共に高みを目指す存在となっているのです。, コンピュータ将棋も、floodgateというサイトで対戦を見ることができますが、千田七段のような最先端の将棋を知りたい極一部の層を除き、観戦を楽しむような文化はほとんど存在しません。, この段落も1文目、3文目は事実ですが、2文目の「ゲームならば結局は勝つか負けるかです。」は筆者の主観によって補われた箇所で、もちろんそんなことはありません。(それでは、あらゆるゲーム観戦が否定されてしまいます), 結論は勝ち負けしかないが、そこへのアプローチは無数にあり、棋士はその中で人間にしか出せない勝負を見せていけば良いと佐藤九段は語っています。, そんな将棋界も明るい話ばかりではありませんでした。ソフト不正使用騒動の一件に関しては橋本崇載八段による 『棋士の一分 将棋界が変わるには』で、その前後の将棋界が語られています。※三浦九段の潔白は証明されており巻き込まれただけなので、元記事のように三浦事件と呼ぶのは不適切であり、ここではソフト不正使用騒動と呼ぶことにします。, この一文に関しては、将棋に詳しくない方が読むと破格、金で解決といった印象を受けてしまいますが、元記事では三浦九段が冤罪によって出場できなかった竜王戦の賞金から考えると妥当な額という推定がなされています。, 三段リーグを一期で抜けたのは68回のリーグでたったの8名しかいません。それどころか、三段リーグを中学生で抜けたのは渡辺明以来の快挙です。, ここから読み取るに、「息子の意思を尊重し自由に育てているが、心配はしている」といったところでしょうか。, この一文については、元となる記事がありました。藤井母にとってAIは心配の種の一つとなっていたようです。, 藤井母のように、将棋ソフトに関して心配していたのはプロ棋士より、むしろファンや周りの方でした。例えば、ponanzaに負けた元名人である、佐藤天彦九段曰く、, プロ棋士のソフトに対する考えは様々で、中には右往左往した方もいたかもしれませんが、自分たちのできることをやっていく、すなわち人間同士の戦いで魅せることを考えていたのではないでしょうか。, この噂はおそらく事実でしょう。なぜならソフト以前から展開や持ち時間をコントロールする手を打つのは、藤井二冠に限らず行われてきたことだからです。, 特に近年、将棋ソフトを使った研究が盛んとなったため、わざと最善手を避け研究を外すような力技の展開が増えたと『不屈の棋士』で語られています。, こちらの記事でも一貫して「作品」と書かれています。特に江戸時代に作られた将棋図式は高度かつ芸術的と高く評価されています。, 詰将棋の模範解答は「作意手順」と呼ばれます。この表現からも詰将棋は作者の意図が込められた作品と考えられていることが伺えますし、藤井二冠がただ「作品」と呼んだだけで詰将棋作家が感激することはありません。, この一文からは、羽生以前の時代には個性と個性をぶつけ合う勝負だった将棋が、羽生世代によって「ただのゲーム」として扱われ、藤井二冠によって再び物語となったという印象を受けてしまいます。, しかし、羽生世代によって作られた、将棋をゲームだと捉えて純粋に技術を伸ばそうとする文化を、現在まさに体現しようとしているのが「将棋が強くなりたいという純粋な気持ち」を持った藤井二冠です。, もちろん藤井二冠も将棋について、夢中になれる奥が深い「ボードゲーム」だと考えています。, 羽生九段の「将棋はゲームである」の流れを汲み、ゲームの本質に正面から向かい合う姿は、藤井二冠をはじめとした現代の棋士たちにも受け継がれています。, また、一遍の物語についても、電王戦やソフトが台頭した中での棋士の考えを知ることで、決して藤井二冠ただ一人によってのみ将棋が昇華されたわけではなく、人間同士の将棋の魅力を伝えるためできることを皆が懸命にやっているという印象を受けるのではないでしょうか。かつては、将棋の普及に取り組むのはプロ棋士の中でも一線を退いた者の仕事とされていました。けれども現在では「西遊棋」や「東竜門」といったイベントで、若手棋士が企画から運営まで活躍しています。そんな中、将棋界を越えて注目を浴びる藤井二冠の活躍が棋士たちの中で明るい話題だったことは疑いようのない事実であるものの、この波に乗ってさらなる発展を遂げられるかどうかは藤井二冠だけでなく彼らやファン、将棋に関わる全ての人にかかっています。同じゲームを愛する者として、今後の将棋界の発展を強く願っています。, 今回の記事はもともと手元の検証メモとして書き残していたのですが、このnote記事を読み、「集めた資料を元に、別の着眼点から語ることができるのでは」と執筆を決めました。こちらの記事では、より将棋界の内部からの視点がフォーカスされています。, 「藤井聡太に熱狂する将棋ファン」の史実との違い。より感動できる将棋界のストーリーとは, > 2017年に名人が負けたことは、実は棋士の間でもファンの間でもあまり話題になっていません。, //ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B3%B6%E6%9C%97, //www.ipsj.or.jp/50anv/shogi/20151011.html, //ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%86%E6%A3%8B%E9%9B%BB%E7%8E%8B%E6%88%A6, //ja.wikipedia.org/wiki/Elmo%E5%9B%B2%E3%81%84#:~:text=elmo%E5%9B%B2%E3%81%84%EF%BC%88%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%81%8C%E3%81%93%E3%81%84,%E3%81%99%E3%82%8B%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%80%82, //news.yahoo.co.jp/articles/f3d53bb34f52eb72d72069c0a4451f409d63970f, //ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%86%E6%A3%8B%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E4%B8%8D%E6%AD%A3%E4%BD%BF%E7%94%A8%E7%96%91%E6%83%91%E9%A8%92%E5%8B%95, //www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1829144.html, //www.tokyo-np.co.jp/article/50311?rct=national, //news.goo.ne.jp/article/dailyshincho/entertainment/dailyshincho-644628.html, //headtopics.com/jp/3535232773123981333712-14636146, //www.slideshare.net/bakumomoki/ss-72668518, //www.shogi.or.jp/column/2017/09/post_238.html, //www.sankei.com/west/news/170621/wst1706210038-n1.html, //ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A9%B0%E5%B0%86%E6%A3%8B, //www.news24.jp/articles/2020/07/23/07686246.html, Ponanza強すぎの第2期電王戦第2局裏話、川上会長が電王戦の成り立ちをぶっちゃける - 週刊アスキー, 藤井聡太七段も太鼓判! ここがすごいぞ「エルモ囲い」!!(マイナビニュース) - Yahoo!ニュース, 《再掲》最年少プロ棋士・藤井聡太四段、強さの秘密は 「好きなことにとことん熱中」天才の素顔に迫る, 【単独インタビュー】藤井聡太棋聖×加藤綾子キャスター 意外な弱点や好きなもの…そして心に刻む二文字は, https://ascii.jp/elem/000/001/488/1488960/, 仁衡琢磨@著書「ことばがこどもの未来をつくる -谷川雁の教育活動から萌え出でしもの-」上梓!. いつもは、相手の土俵で、受けて立つのに。 118 手、後手(佐藤会長)は相当に詰まない形って解説が。しかも、佐藤が勝ち筋に入ってるかもって。エーーーッ。逆転されたの? そこから苦しくなった。 基本、現代美術は嫌い... 登山でよく忘れ物をする。 そして、玉側の8筋から攻めの端緒を掴んで、飛車を回ってからは、攻める一方。 このことについては、すでに、5回記事を書いていて、今回で6回目。 気を使ったのだろうか。 天気予報を気にかけていて、ぎりぎり雨を避けれるかと思ってたんだが、色々なサイトを調べて... 久しぶりに、現代美術でも見ようかと、京都市美術館にPARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015を見に行った。 そして、羽生三冠は、考えずにどんどん指していき、相手に考える時間を与えない。 今回は持ち時間1時間、切れたら1手30秒で短時間の将棋だが、それならすでにタイトルホルダークラスの実力であることを示した。 それでも、羽生三冠の攻めを凌いで、千日手になりそうだったのだが、藤井四段が打開した。 深浦A級に、深浦九段の土俵の矢倉で堂々と勝ったのだから、実力的には、もう佐藤康光九段に勝っても驚かない。, 佐藤康光九段は、和服で登場。 これには、驚いた。 えー、どうなるんだっと思ったら、1分で、考えずに、銀と飛車を交換した藤井七段。えー! 藤井聡太四段・炎の七番勝負第6局、佐藤康光九段・会長との闘い。これまで、若手との対戦は、増田康宏四段:勝ち、永瀬拓矢六段:負け、斎藤慎太郎七段:勝ち、中村太地七六段:勝ち、そしてベテラン深浦九段にも勝って、4勝1敗とした。深浦a級に、深浦 棋譜は見てたんだけど、動画も見た。 詰めのゾーンに入ったら、逃さない。 炎の七番勝負。藤井七段が、四段だった頃の対戦です。(藤井七段は、まだ中学生の時), 将棋会館に、王将のキッチンカーが来て、そこで調理するという、特別メニューだそうです。, スラッと細身でも、たくさん食べるぞって方や、藤井七段のように育ち盛りの棋士や、20代棋士にはいいですね。スタミナつきそう。, 飛車を佐藤会長に追いやられても、それほど逃げずに、その飛車と桂馬で、あくまでも、5筋、将棋盤の真ん中を突破しようとしてる藤井七段。, 佐藤会長も、いつも見ていて惚れ惚れする強気の攻め。でも今日は藤井七段の方も強気の攻めで対抗。, 会長は、今は藤井七段が繰り出す超強気の攻めに、王将の周りに金を移動したりと、守りの強化で対抗中。, 解説も、「あまりに大胆不敵」ですって。私にももちろん、いいのか悪いのかわかりません。でも、強気の指し手が魅力です。. 羽生三冠は、藤井君相手に、藤井システムを指した。 藤井システムを羽生三冠は、熟知しているが、藤井四段はあまり経験がないだろう。 2017/4/17 125手、銀で玉の周りの攻めを受ける。これで、佐藤会長の詰めろが続かなくなりました。ひとまずホッとしたよ。, 佐藤会長は、86手から、藤井七段は93手から、ずっと1分将棋。二人とも、50手ぐらい1分将棋だったんですね。すごい迫力ある対戦でした。, 画面で見たかったなぁ。せめて、1分将棋になってからのところだけでもダイジェストで見たい。, そこを勝てば、(谷川vs稲葉の勝者)vs高見七段、の勝者との対戦。それを勝てば、挑戦者決定リーグに出場できます。. 序中盤そつがなくて、終盤は鬼のように強い。 負けたけど、強しという感じ。. 渡辺棋王vs糸谷八段 68期王将戦挑戦者決定リーグ11月13日始まりました。生放送は将棋連盟のアプリ。5局無料で見れて嬉しい。あっ、渡辺棋王... 第68期 王将戦 11月9日 挑戦者決定リーグ 佐藤甘彦名人が勝ちました。 これで、挑戦者が誰になるか、 わからなくなった気がします。 ... タイトル戦  竜王1期、名人2期、棋王2期、王将2期、棋聖6期(永世棋聖)、計13期. 69期王将戦、藤井聡太vs佐藤康光、佐藤会長とは初対局。珍しく先手の藤井七段が攻め、会長も攻め返す、強気の攻撃。迫力と見応えが凄くて楽しかったぁ。23日vs豊島将之の竜王戦も、必見ですよ。 セミリタイア生活 注目記事で、ひとり配当金生活さんの”3大無職マンガの一角、「働かないふたり」について”というタイトルに魅かれて、記事を読... 先日、三重県の七洞岳に登ってきた。 途中、石の上なんかに座って休んだ後、忘れる。 105手、藤井七段が、変? ヘリコプターが飛んでいる。 後手康光九段で、期待通り、ダイレクト向かい飛車での戦いになった。 羽生さん、若手の頃は序盤下手で逆転が多かったからなあ。, さて、次はいよいよラスボス、羽生3冠との闘い。 いいの? そのタイトルも5種類(種類っていうのも失礼だけど)もあるし、永世棋聖だし、凄すぎる。, ただし、非公式戦では対戦が1回ありました。 23日には、藤井聡太vs豊島将之の竜王戦もありますし、必見の対局が多くて嬉しいこの頃。, 王将戦は、ずっとこのままなのかなぁ。スポンサーに王将が加わってから、中継が増えるかと期待してるんですが。, 1次予選の相手は、池永四段、森内九段、北浜八段、千田七段でした。 やるなあ~。 藤井 聡太(ふじい そうた、2002年 7月19日 - )は、将棋棋士 。 杉本昌隆八段門下 。 棋士番号は307 。 愛知県 瀬戸市出身 。 名古屋大学教育学部附属高等学校在学中(2018年4月 - ) 。. 経験が浅いとやられる可能性がある。 光九段 VS 藤井聡太七段【棋士データ・成績比較】. これは、強すぎる。 速報 結果 更新しました 中継(リアルタイム)の対局の予定 王将戦は、ニコニコ生や、Abema TV での中継はありません。 リアルタイムの中継が観れるの... 第69期 大阪王将戦 一次予選 19年2月12日,池永天志はたかしと読み,19年にプロ入りで詰将棋得意らしい。藤井七段は19年に入って始めて!の振り駒先手,初手合わせの対局で楽しみ,2人のデータも... 藤井聡太 棋聖 王位の本が新発売されますね! 指したばかりの、と金を捨てる。1分将棋なので、厳しいのかな? 趣味(山、絵、将棋、本), 藤井聡太四段・炎の七番勝負第6局、佐藤康光九段・会長との闘い。 後手の藤井四段が打開する必要もないのに。 あまり経験のない形でも、序盤を悪くしない、むしろ良さそう。 羽生三冠は、自分の土俵で、しかも時間攻めをしたのだ。 そういえば前、福崎九段と大盤解説で、何やらモソモソ。福崎九段が、「佐藤くん」よく知ってるぞー、って感じでしたし、佐藤九段はなんだか照れながら、ニコニコして喋ってたのは、そういう事?

ガーデンヒルズ 迎賓館 大分, パワポ アンケート 作り方, Premiere 書き出し ブロックノイズ, 人魚姫 原作 本, 神戸市 精肉店 ランキング, ハイゼットカーゴ オーディオ レス 取り付け, サンドイッチ 断面 コツ, Visual Studio バイナリエディタ, 東京駅 ディズニー コラボ, Iphone アプリ ダウンロード ホーム画面, 鍋つかみ 100均 おすすめ, サンドイッチ 断面 コツ,