サムスン 携帯 最新

ェアというよりも日本版ライフハッカーが2019年にもっとも購入したスマホグッズ!, スマホ世界市場ではソニーは姿を消した?. 日経BPのテクノロジーを核とした商品をご紹介します。, 受講者3000名以上!超・実践型マネジメント研修 6日間講座、異業種交流をしながら、真のリーダーシップを学ぶ!ミドルマネジャーに必要となる「知識・スキル・マインド」を徹底的に鍛えます!. スマートフォン世界No.1ブランド、Galaxy公式サイトのホーム。最新スマホやアクセサリー、お得なキャンペーン、サポート情報はこちらでチェック! サムスン電子は9月2日、8月に発売したばかりのスマホ「Galaxy Note7」のリコールを発表した。リコールの原因は、搭載している韓国サムスンSDIのリチウムイオン電池(LIB)の爆発事故が発端とのことだ。, この発表を聴いた直後、OBとしてこの事故に関する分析をしようと決めていた。また、9月8日に掲載したコラム「遅すぎたディスプレー産業のオールジャパン」に対するコメントの1つに、「サムスン電子のスマホ爆発事故を取り上げてほしい」とあった。今回はサムスンがこのような事態に至った背景について考えてみたい。, 遡ること21年前の1995年、ソニーが世界で初めてLIBを事業化してから4年後のことであったが、ソニーの郡山工場で大火災が発生した。当時は、ホンダがソニーと車載用LIBの共同研究プロジェクトを進めていた時期であり、ホンダ側のプロジェクトリーダーであった筆者の目にも、LIBの危険性はまざまざと焼きついた。, その後も、図1に示すように、2006年から07年にかけて火災事故やリコールが多発した。生産工場ではパナソニック、韓国LG化学のLIB工場が大火災を起こした。, リコール関連でいえば、モバイル用LIBをセットメーカーに供給していた三洋電機、ソニーが大リコールを経験した。ソニーに関しては06年8月、米デルがノートPCに搭載したソニーのLIBを400万台以上の規模でリコールしたことで大騒ぎとなった。過熱に伴う発火事例が何回も発生したためであった。, この事故はデルに留まらず、米ヒューレット・パッカード、米アップル、中国レノボ、東芝、富士通にまで飛び火し、同年10月までにソニーのLIBパックのリコール数は960万セットと膨大な数量に及んだ。, 期待はずれの記事。標題と内容が全くかみ合っていない。タイトルで読者を惹きつけるというのは理解できるのだが、最近は誇大タイトルが多く読者を幻滅させるものが多くて情けない。もっと根本的な事実をつかんでから記事にすべきである#, 予測記事であって何の結論もなく取材されているのだろうか?エネルギーを発生させる技術とそれを効率的に蓄える技術これからの時代ではこの2つが大きなイノベーションではないかと思います。しかし、安全性が確保できていないのでは兵器と何ら変わらないのです。今回の発火問題を経営者の問題だけというのは・・・何ともお粗末, かつては1にパクリ、2にパクリ、3,4がなくて、5にパクリ、だったから大丈夫だったのでしょう。最近の韓国産業は自動車、鉄道、造船、建築、スマホ、地震対策、とぼろが出まくってますね。技術盗用の限界が来たものと思われます。, 日本企業だってLIBの爆発事故を起こしているのだから、韓国企業だから事故を起こしたという訳ではないでしょう。ただ、中国企業に追われて経営の先行きに疑念が生じている中での事故なので、やはりサムスンも日本の電機メーカーのように落日していっているのかなという印象は受けます。まあ、失策を犯さない組織も永遠に繁栄する組織も有りませんし、次はアップルが何かやらかすかも知れません。>罪悪感は無かったのでしょうか?技術者は人類社会全体の発展のために技術開発しているのであって、特定の国のためにやっているのでは有りません。服務規程やCOCOM等の法律に違反した技術流出ならともかく、個人として蓄えた技術・知識を他国企業に展開するのは何も問題が有りません。, パナソニックの試験法公開は社史の中にもあったことで、その英断には脱帽せざるを得ない。一方で日本の地盤沈下が大変危惧される中で、筆者のような方が沢山おられることに疑問を持たざるを得ない。私の先輩社員や同僚、年下の社員にもやむにやまれず移籍した人が多かった。会社の対応が拙すぎることが原因であると思える。しかしながら、自己の経験に基づく移籍後の活躍でなく、ゼロベースでそこからの知恵の供給で自らのポジショニングを築いていくなら頷けるのだが。更に、移籍先の企業は自社にない技術はお金を払って得るものであり、人材を得て高い給料を払うことがお金を払うことではないことを本当に学んでほしい。日本が嫌というほど欧米から学ばされた企業倫理、それは例えば技術提携に代表される必要なものはウインウインで得るべきもの、その常識がまかり通ってほしいと痛感させられる記事であった。, 佐藤登氏がサムスンの大失態を擁護したり、日本企業の技術を流出させたことに批判するコメントをしている人が多いが、アメリカの企業で働いていた人が、ブラジルの企業に移っても特に異論はないだろう。要するに、単純に、いかに韓国が大嫌いな人が多いか、ということなんだろう。, 技術的に読むべき内容が全く無いのはどうして?~だろう?だったら誰でも書けます。憶測だけの記事は不要です。キチンと取材をしないで安直に記事を書いてはいけません。, 記事を読み終わって最初の感想は「言い訳がましい記事だな」ということでした。自分が勤めていた、前社長のときは安全第一だった。気持ちはそうかもしれませんが、実態は日本が開発して安全性の高いものをそのまま持ち込んだだけではありませんか?安さにものをいわせて、ライバルメーカーを蹴散らして、自分達で新商品を開発したら爆発したのではありませんか?しかも原因が日本の部品メーカーにあるように思わせる。そうだとしてもその危険性を見極める能力がなかっただけではありませんか?自分がいた時はそうではなかったと自分に言い聞かせて現実逃避しているようにも思えました。, LIBの爆発が世界的な話題になったことからわかるように、サムスンのアンドロイド端末は世界のスマホ市場でアップルをしのいでトップであり続けている事実を忘れてはいけない。皮肉なことに、日本メーカーは今やスマホの部品供給でしか世界に存在感を示せていない。サムスンが世界シェアトップのスマホメーカーとして実現しているサプライチェーンやマーケティングに、太刀打ちできるコンシューマ向け電機がメーカーが、日本にあるだろうか?日本企業にサムスンの問題を指摘する資格があるか、やや疑問に思った。, 恐らくコスト重視で充放電試験を短縮化したか取りやめたのでしょう。内部のコンタミを0にすることが不可能なのはLIB系エンジニアならご存じのはず。発火した台数比率から見ても制御系IC不良による過充電は考えにくいですよね。ガスケットも開くし、過充電ならPTCだって遮断するでしょ。まさか、上限電圧を密かに4.3V以上にしているなんてことは考えたくはないですね。LIBの電解液が可燃性であり、ニッケル水素や鉛電池とは根本的に危険性が違うことが世間ではあまり知られてないのが残念です。, 敵失に乗じてシェア拡大を図るのが、ビジネスの鉄則です。日本がテレビでサムスンにやられたように。, >多分金に惹かれた音でしょうが、日本でも先進の独自義重を追求する企業からの転出、しかも韓国企業罪悪感は無かったのでしょうか?技術者というものは、自らの腕を認めてくれれば何処へでも行くというのが古今東西変わらぬ真理です(レオナルドダヴィンチも平気で敵国フランスに武器技術を売り込みに行っていますし)。そもそも東レなど名だたる大企業が韓国に工場を建て技術供与しているのですから一介の従業員だけに責を負わせるのは酷です。責めるべきは長年の功績に報いようとしない技術系軽視の日本企業でしょう。また新日鐵やIHIが盗用された技術で損失を被ったように、性善説に基く日本企業の脇の甘さも指摘されて然るべき(避難訓練時に研修員に図面を盗まれた等々)。転職者に海外への技術盗用を許さないよう雇用契約の厳格化も考えるべきでしょう(これは人権の観点から難しいかも知れませんが)。まあ一度韓国系企業に転出したと聞けば、転職市場では「それなりの」評価がなされるとは思いますよ。それがプラスの方向かマイナスの方向かは分かりませんが。, 今は多くの人が爆発炎上し得る量のエネルギーを懐に入れて携行している訳か。件のスマホを持ち込まないでほしいとの要請が航空会社からありましたが、口には出さずとも持ち込んでほしくないのはこの機種に限らない、というのが航空会社の本音かもしれませんね。もっとも、B787は自身がLIBを大量に積んでますけど(笑)、LIBが鉛バッテリー並に枯れる日はいつか来るのでしょうか?, 記事よりあなたが日本の技術を韓国に持ち出したと思われることに愕然としました。多分金に惹かれた音でしょうが、日本でも先進の独自義重を追求する企業からの転出、しかも韓国企業罪悪感は無かったのでしょうか?, 読者の大多数は技術的側面にはそこまで詳しくないはずだと考えると、記事の書き方は不親切だと思う。読者が知りたいことは、購入すれば日常的に使うことが当然に想定されるスマートフォンが爆発したという衝撃的な事件を生んだ同社の組織風土ということではないだろうか?噂によるとサムスンは、この記事の著者を含め、日本企業から多数の技術者を高額の報酬でヘッドハントし、使い物にならなくなったと思ったら容赦なく切り捨てるという人材登用をしていたとか。世界中で強引なダンピング戦略を仕掛け、従業員には熾烈な競争を強い、韓国国内ではシェアを独占して儲ける、そんな「焼き畑農業的」なビジネスモデルと、今回の爆発事故にはどんな関係があったのかという点について、記事を読んでも、いまいちよく理解できなかったのが実態だ。なお、記事本文と関係ないが、冒頭に掲載されている「謝罪会見」の姿は日本企業とそっくりだ。こんなところまで日本のマネをしているのか、と、ある種の「感動」(?)を覚えた。, タイトルの「なぜ」が明確で無いし、最後のパラグラフではご自身の発言を現経営陣がないがしろにしているのが「原因」と揶揄されていますが、結局、何が原因なのかは明らかにされておりません、よね?まぁ、ここの記事はタイトルで釣るのが常道なので、慣れてはおりますが、エンジニアにこれをやられると、がっかりします 元三星の地位を生かして、内部事情を探って欲しかったです実は、1995年のバッテリーリコールを、アップルのパワーブックで体験しました その時は、発火事故が起こったためと聞いて、初めてのノートPC、なるほど、そういうリスクがあるのかと、逆に新鮮でした もっとも、通販で頼んで、来たら、OSがインストールされていなかった方が、よほど驚きましたが(英国での話です今回は、三代目のプリウスのリコールをつい最近経験したばかりで、企業にとってのリコールの諸刃の刃を、三菱自動車のタイヤ問題を思い出しました そこに、三星電子の結果としての全世界リコール 是非、原因を知りたいものです ところで、今回のリコールが、段階的に行われたのは残念です やるなら、思い切って全てやらないと信頼回復に繋がらないと、リコールの難しさを改めて感じました, また電池。以前にも話題になったアポロ13号や原潜スコーピオン(魚雷の電池のセパレータが原因らしい)の沈没も、電池がらみだったはず。手にあまるというほどではなくても、いよいよ一国だけの技術では限界なのかもしれない。 この際だから、電池に絞った、国際的な標準化機構を立ち上げるべき時かもしれない。 ところでドイツやEUの電池技術はどうなっているんでしょうね。, リチウムイオン電池の熱暴走事故に対し一般社団法人・電池工業会は再発を防ぐために評価試験を見直し韓国との協業で国際標準にしたのですが、2014年にサムスン日本研究所は賛助会員から退会しています。中国との競合が悪化し売上げの伸びがなくなりスマホと半導体からバイオ医薬品などの新しい領域へ転換しようとしていた時期じゃないのですか。自滅の始まりです。, TAIWAN EXTERNAL TRADE DEVELOPMENT COUNCIL, 日経ビジネス電子版のコメント機能やフォロー機能はリゾームによって提供されています。. サムスンがサンフランシスコで開催したイベントで「Galaxy S10」を正式に発表した。「Galaxy S10e」「Galaxy S10」「Galaxy S10 Plus」の3機種が登場した。 Copyright © 2020 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved. ※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。, DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」, 小学館ダイム公式サイト「@DIMEアットダイム」。 世界のスマートフォンシェア、1位Samsung、2位Huawei、3位Apple、4位と5位は?, 結局のところ使いやすい?使いにくい?縦型折りたたみスマホ「Galaxy Z Flip」の気になるユーザビリティー, アップル、サムスン、ソニー、ファーウェイ、シャープ、シャオミ、買い換える前にメーカー別にスマホの特…. サムスン(samsung)のスマートフォン 通販・購入は【au オンラインショップ】 最新機種も販売中。新規契約・機種変更・mnp(乗り換え)手続きが可能です。24時間対応・送料無料 最新の日本のスマホ市場は2019年はiphoneが圧倒的に人気があっても、世界規模ではSamsungのほうが売れています。最新情報では韓国のサムスンがスマホの出荷量としても世界で1位を獲得しています。 サムスン電子は、「Galaxy Note7」のリコールを発表した。原因は、サムスンSDIのリチウムイオン電池が爆発した事故が発端とのこと。今回はサムスンSDIのOBとして、このような事態に至った背景について考えてみたい。 アップル、サムスン、ソニー、ファーウェイ、シャープ、シャオミ、買い換える前にメーカー別にスマホの特徴をチェック 2020.03.13 テクノロジー 最新の家電、スマホ、クレジットカード、クルマ、アプリ、日用品、各種トレンド情報、仕事術からグルメまで、すぐに使える情報が満載のライフハックマガジンです。, ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。. Galaxy(ギャラクシー)をランキング形式でご紹介。メーカーや機能、スペックを指定して人気のスマホが探せます。大手キャリア・MVNOで契約した場合の月々のお支払い目安やSIMフリーの端末価格で比較・ … 新事業・サービスの開発や中期計画策定に役立つ サムスンが2月20日に発表する、Galaxy S10に関しては既にその機能の大半が、関係筋からの情報で明らかになっている。しかし、サムスンが最後まで隠しておきたかった最大の欠点が、最新のリーク情報で明るみに出た。携帯電話アクセサリーの通販サ サムスン電子の販売数は、iPhone12の発売遅延の影響を受けたアップルの2倍近くとなった。 最新の報告書によると、中国のシャオミ(Xiaomi)が2020年第3四半期のスマートフォン販売数でアップル(Apple)を抜き、世界3位となった。 サムスン電子は、「Galaxy Note7」のリコールを発表した。原因は、サムスンSDIのリチウムイオン電池が爆発した事故が発端とのこと。今回はサムスンSDIのOBとして、このような事態に至った背景について考えてみたい。 ※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。 2017年には1世帯における普及率がパソコンを上回ったスマホ。今や生活必需品といっても過言ではないが、多くの機種やメーカーがあり、自分に合ったスマホの選び方に苦労している人もいるのではないだろうか。今回は、スマホを開発するメーカーに目を向け、各メーカーの端末の特徴を紹介していこう。, 端末ごとであれば、その商品のHPやオンラインショッピングサイトに性能が記載されているが、メーカーから選ぶとなると話は別。数えきれないほどのメーカーが存在する中で、自分の使い方や求めている機能に強いメーカーを見つけるのは難しいだろう。, 実際、メーカーによって「とにかくコスパに優れている」、「購入後のサポートが充実している」といった違いはある。また、自分が使っている端末と同じメーカーの最新機種を購入すると、データの引継ぎが簡単だったりする場合もある。これを機にお気に入りのメーカーを見つけてみてはいかがだろうか。, 日本で暮らしていると、周りの人が持っているスマホのほとんどが「iPhone」、といった状況に出くわした経験はないだろうか。それほどiPhone、Appleは日本の生活に深く根付いているのだが、世界的なシェア率は実は違う。, 世界でみたスマホシェア率の1位は「Galaxy」シリーズで知られる「Samsung」、2位は中国の「Huawei」だ。世界に目を向けてみると、「Android」と呼ばれる端末のほうが多く普及している。, MMD研究所の調査によれば、2019年12月時点での日本国内でのスマホシェア率はAppleが42.8%、SONYは17.6%、SHARPは12.1%となっているが、世界のシェア率はCounterpoint社の調査によりSamsungが21%、Huaweiが18%で、次点にAppleがつける形となっている。, では、なぜ日本では「iPhone」がここまで普及しているのだろうか。考えられる要因としては、「初心者にもわかりやすい使い勝手の良さ」や「ほかのApple製品との互換性の高さ」があげられる。, まず使い勝手の良さだが、Android端末は、Googleが無償で提供している「Android OS」というスマホの「脳みそ」を搭載している。無償で提供されているがゆえに、多くのメーカーがAndroid OSを独自にカスタマイズして販売しているのだ。そのため、同じ脳みそを搭載しているのに、メーカーによって操作性が異なる。, 一方のiPhoneは、Appleが開発した「iOS」という脳みそを搭載している。つまりスマホの本体とコントロール部分を同じメーカーが開発しているため、シンプルな構造を可能としているのだ。, また、同じくAppleの製品であるAppleWatchはwatchOS、MacBookはmacOS、iPadはiPadOSと、Appleが開発しているOSを搭載しているため、それぞれの互換性が非常に高い。写真を共有したりデータの引継ぎが簡単に行えるのも、人気の要因だろう。, 比較的日本が裕福な国であるのも、iPhoneが人気の一因だろう。iPhoneはほかの機種と比べると若干値が張る。しかし、その分使い勝手や互換性が優れており、「お金を出してでもいいサービスを受けたい」という人が多いと考えられる。, では、ここからはスマホメーカーの特徴を紹介していこう。Appleの解説は上記までとし、Android端末を発売するメーカーの解説をしていく。, 縦折りスマホ「Galaxy Z Flip」や横折りスマホ「Galaxy FOLD」など、スマホ業界に次々と旋風を巻き起こしていく「Galaxy」シリーズで有名な「Samsung」。いわずと知れた、世界1位のシェア率を誇るメーカーだ。, Samsungの端末の特徴は、ディスプレイの解像度の高さとカメラ性能にあるだろう。ビジネスシーンでの利用を考えられて開発された「Galaxy note10+」は、解像度が3040×1440で、アウトカメラが超広角、広角、望遠、深度即位用と4つも搭載されている。加えて4300mAhのバッテリー、12GB RAM/256GB ROMの処理能力と、すべてにおいてハイスペックな性能が売りだ。, 今、最も話題のメーカーともいえる中国メーカー「Huawei」は、その圧倒的なコスパで一気に勢力を拡大し、世界でのシェア率はAppleを抜いて2位に上り詰めている。, 前述した通り、Huaweiの端末はとにかくコスパに優れている。ほかのメーカーと同程度のスペックの端末が約1万円~2万円程度安く購入できると考えてもいいだろう。特に近年はSIMフリースマホという、3大キャリア以外の通信会社と格安で契約するシステムが流行し、各通信会社やAmazonなどのオンラインショップで簡単に購入できるHuawei端末は、より一層シェアを拡大している。, 電子機器は、いつ不具合が起きてもおかしくないだろう。そこで重要なのが購入後のサポートが充実しているか。海外産メーカーだと「カスタマーセンターに電話したら外国人が対応した。」という話も聞くが、国産メーカーであればその心配はない。, 国産メーカーとしてスマホ黎明期から業界を引っ張る「SONY」の「Xperia」。サポートが充実しているのはもちろん、最新の「Xperia 5」は、21:9と縦長で、大迫力の動画が楽しめるだけでなく、マルチディスプレイとしての使い勝手もいい。, 冷蔵庫に洗濯機、掃除機などの白物家電から、テレビやDVDレコーダーなどの黒物家電まで、多くの家電製品を開発している「SHARP」のスマホ「AQUOS」シリーズも、高コスパだと人気を博しているようだ。, AQUOSシリーズの特徴は、独自のディスプレイにある。テレビの開発で培われた高画質はもちろん、IGZO液晶を搭載し、ほかのメーカーと比べバッテリーの消耗が少ない。長時間利用できる機種が多く、外出先での電池切れの心配が少ないのが特徴だ。, 2010年の創業以降、中国国内で一気に勢力を伸ばし、一時は中国のシェア1位、世界でもトップ3に食い込んだメーカー「Xiaomi」が、昨年満を持して日本に上陸した。, これまで日本市場に参入してこなかった理由に関しては諸説あるものの、Huaweiと同じく高子スパのスマホを開発すると人気のXiaomi。Android端末に詳しい人の中には、この日本市場参入を心待ちにしていた人もいるのではないだろうか。国内ではそれほど多くの端末がリリースされていないものの、今後どのような展開をしていくのか注目のメーカーだ。, ※データは2020年2月下旬時点での編集部調べ。

サッカー 4級審判 問題, 空飛ぶ広報室 面白い, 仮面ライダー 令和 ザ ファースト ジェネレーション ネタバレ, 塚本晋也 結婚, Nhk 受信料 高い, 味噌ラーメン 脂質, 南部杯 2011, クローズエボル イラスト,