オバマ 平和 スピーチ

We can stop the spread to new nations and secure deadly materials from fanatics. On every continent, the history of civilization is filled with war, whether driven by scarcity of grain, or hunger for gold, compelled by nationalist fervor or religious zeal. And yet that is not enough. What a precious thing that is. We may not be able to eliminate man’s capacity to do evil, so nations and the alliances that we formed must possess the means to defend ourselves. Their thinkers had advanced ideas of justice and harmony and truth. Peoples have been subjugated and liberated. We can think of those things and know that those same precious moments took place here, 71 years ago. It is worth protecting, and then extending to every child. We see these stories in the hibakusha: the woman who forgave a pilot who flew the plane that dropped the atomic bomb because she recognized that what she really hated was war itself; the man who sought out families of Americans killed here because he believed their loss was equal to his own. 【名スピーチ和訳】「Yes We Can」シカゴでのオバマ大統領勝利宣言スピーチ ... 平和と安全を望む人たちへ。我々はあなた達を支援する。そしてアメリカの灯はまだ明るく燃えるのか懐疑的だった人たちへ。 We can learn. We come to ponder a terrible force unleashed in the not-so-distant past. We may not realize this goal in my lifetime. There are many sites around the world that chronicle this war, memorials that tell stories of courage and heroism, graves and empty camps that echo of unspeakable depravity. We can tell our children a different story, one that describes a common humanity, one that makes war less likely and cruelty less easily accepted. We remember all the innocents killed across the arc of that terrible war, and the wars that came before, and the wars that would follow. Why do we come to this place, to Hiroshima? Hiroshima teaches this truth. オバマ大統領は花を捧げた後、平和への願いを込めたスピーチを行いました。 Sponsored Link. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); オバマ大統領のスピーチは大統領就任当初から素晴らしいスピーチを行いますが、今回のスピーチも非常に素晴らしいものでした。, 71年前、よく晴れた朝、空から死が降ってきて世界は変わりました。閃光が広がり、火の玉がこの町を破壊しました。 How often does material advancement or social innovation blind us to this truth? We can chart a course that leads to the destruction of these stockpiles. The irreducible worth of every person, the insistence that every life is precious, the radical and necessary notion that we are part of a single human family: That is the story that we all must tell. And since that fateful day, we have made choices that give us hope. How easily we learn to justify violence in the name of some higher cause. 富をもとめ、また民族や宗教的な理由からもこうした争いが起こってきました。帝国が台頭し、また衰退しました。そして人々が同じ人間に支配され、また解放の道もたどってきました。それぞれの歴史の転換点において、罪のない人たちが苦しみました。多くの人たちが犠牲になりました。その犠牲となった人たちの名前は、時が経つと忘れ去られました。それが人類の歴史であります。, 第二次大戦は、広島と長崎で、とても残虐的な終わりを迎えました。これまで人類の文明は、素晴らしい芸術を生み出しました。そして偉大な思想や、正義、調和、真実の考えを生み出してきました。しかし、同じところから争いは出てきました。征服をしたいという思いも出てきました。古いパターンが新しい能力によってさらに増幅されてきました。そして、そこには制約が働きませんでした。, ほんの数年の間に6000万人ものたちが亡くなりました。男性、女性、子供達。私たちと全く変わらない人たちです。撃たれ、殴られ、あるいは行進させられ、飢えさせられ、拘束され、またはガス室に送られ亡くなりました。, 世界中にはこの争いを物語るところが沢山あります。慰霊碑が、英雄的な行いなども含めて、様々なことを示しています。空っぽな収容所などが、そういうことを物語っています。, しかし、空に上がったキノコ雲の中で、私たちは人類の非常に大きな矛盾を強く突きつけられます。私たちの考えや想像、言語、道具など、私たちが自然とは違うということを示す能力、そのものが大きな破壊の力を生み出しました。, いかにして物質的な進歩が、こういったことから目をくらませるのでしょうか。どれだけたやすく私たちの暴力を、より高邁な理由のために正当化してきたでしょうか。, 私たちの偉大な宗教は、愛や慈しみを説いていますが、それが決して人と争う理由になってはいけません。国が台頭し、色々な犠牲が生まれます。様々な偉業が行われましたが、そういったことが人類を抑圧する理由に使われてきました。, 科学によって私たちは海を超えてコミュニケーションをします。また空を飛び、病気を治し、科学によって宇宙を理解しようとします。そのような科学が、効率的な争いの道具となってしまうこともあります。, しかし現代の社会は、私たちに真理を教えています。広島は、私たちにこの真理を伝えています。 To prevent conflict through diplomacy, and strive to end conflicts after they’ve begun. 以下に原稿の文字起こしと動画を載せておきました。個人的に一番好きなシカゴで行われた演説です。 一度動画を見て、彼の動きや声のトーン、アイコンタクトの動きなどを確認したあとに、スクロールしながらスクリプトと日本語訳をみながら進んでいって下さい。 Sponsored Link But the memory of the morning of Aug. 6, 1945, must never fade. And yet the war grew out of the same base instinct for domination or conquest that had caused conflicts among the simplest tribes — an old pattern amplified by new capabilities and without new constraints. They do not want more war. It allows us to change. And perhaps above all, we must reimagine our connection to one another as members of one human race. That is why we come to this place. It fuels our moral imagination. But staying true to that story is worth the effort. Yet in the image of a mushroom cloud that rose into these skies we are most starkly reminded of humanity’s core contradiction; how the very spark that marks us as a species, our thoughts, our imagination, our language, our tool-making, our ability to set ourselves apart from nature and bend it to our will — those very things also give us the capacity for unmatched destruction. To define our nations not by our capacity to destroy, but by what we build. For we see around the world today how even the crudest rifles and barrel bombs can serve up violence on a terrible scale. The scientific revolution that led to the splitting of an atom requires a moral revolution as well.

帝京高校サッカー部 歴代 監督, 横浜スタジアム チケット 当日券, 吉田正尚 ドラフト, ぺこぱ ロッテファン, 成瀬善久 横浜高校,