ブエナビスタ ジャパンカップ 降着

第24回(2004年) ゼンノロブロイ 第23回(2003年) タップダンスシチー 第13回(1993年) レガシーワールド, 第14回(1994年) マーベラスクラウン 第30回ジャパンカップは、2010年11月28日に東京競馬場で行われた競馬の競走である。ブエナビスタが1位入線したものの、他馬の進路を妨害したとして、ローズキングダムが繰り上げ優勝となった。, 日本からは、GI競走5勝のブエナビスタを筆頭に、宝塚記念を優勝し凱旋門賞で2着に入ったナカヤマフェスタ、天皇賞(春)優勝馬ジャガーメイル、2008年の菊花賞馬オウケンブルースリ、3歳馬から東京優駿優勝馬エイシンフラッシュ、皐月賞を優勝し、凱旋門賞に出走したヴィクトワールピサ、前年の朝日杯フューチュリティステークス優勝馬ローズキングダムの計7頭のGI・JpnI馬が参戦した。, その他にも、京都大賞典を勝ち、エリザベス女王杯2着のメイショウベルーガ、オールカマーを制したシンゲン、3歳ながら天皇賞(秋)で2着したペルーサが出走した。, 日本国外からは7ヶ国46頭の予備登録があり[1]、 第06回(1986年) ジュピターアイランド 第34回(2014年) エピファネイア 第29回(2009年) ウオッカ 第32回(2012年) ジェンティルドンナ 第30回(2010年) ローズキングダム 第20回(2000年) テイエムオペラオー parts(1555871,"FFFFFF","300","001eff",600000,"134","9141","outrank","http://umaumanews.com/", 2, 0, "F7F7F7", "001eff"); 現行ルールに変わったのいつだったか忘れたが、当時はとりあえず被害馬の後ろに降着じゃなかったけ?勝ち目があったかどうかはともかく, 妨害がなければ先着出来た云々は2013年からの現行ルールで2010年の時は関係ない, フランスってすげえ軽いやつでも降着になったりするけど、凱旋門賞の直線ですごいえげつないぶつかり連発してたりもする, 「ジャパンカップ馬ローズキングダム」とか、明らかに進路空いた後も脚色的にブエナに完敗してるくせに凄く違和感あったわ, カープ森下暢仁(23)10勝3敗 防1.91 122.2回 124奪三振←このルーキーの完成形ωωωωω, ワイ「ネッコよ、調子悪いんか?」 ネッコ(14)「せや」 ワイ「じゃあ病院行くか」, https://www.youtube.com/watch?v=wCbBzxdYtTk, 『鬼滅の刃』吾峠呼世晴、『鋼の』荒川弘、『金田一』さとうふみやなど “男性名”の女性漫画家が多い理由, 【暫定情報まとめ】Pフィーバーアイドルマスターミリオンライブの先行映像が公開。最大継続って表現ならタイガーマスクとの声。, 「鬼滅の刃」が残酷過ぎて子供に見せられない | 主人公いきなり死ぬしな | 別にこれくらいなら大丈夫やん。内臓ぶちまける北斗の拳に比べりゃ。, 『細美武士』12月31日開催の「新生 New Year Rock Festival」に参戦 !, 【競馬板スレ】関係者「Tが乗ると-2馬身。ここだけの話、業界ではもう格言として定着しつつあります。」, 韓国メディア「バイデンは副大統領時代に安倍総理に対して『失望した』と声明に入れた人物だ」…いや、だからといって韓国に肩入れしてくれるわけじゃないだろうに, 【悲報】へずま氏、涙の訴え!「釈放されても即日で再逮捕される!無限逮捕地獄!」←これ, 【競馬】関係者「Tが乗ると-2馬身。ここだけの話、業界ではもう格言として定着しつつあります。」, 【なんJ競馬】三大日本語にするとダサい馬名「エルコンドルパサー」「コントレイル」あとひとつは?. 第10回(1990年) ベタールースンアップ 【降着】2010のジャパンカップについて疑問なんだが 2017/10/14 ジャパンカップ 1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/10/14(土) 00:18:29.05 ID:+xNuKk0s0 第37回(2017年) シュヴァルグラン 10頭が出走を受諾していたが、ブリーダーズカップ・ターフ優勝馬デンジャラスミッジ[1]()とエリザベス女王杯優勝馬のスノーフェアリー[1]()が万全の状態で出すことが難しいとの判断から出走を辞退し、8頭が出走した。, 11月14日に行われた特別登録時点では、出走可能頭数18頭に対し(この時点ではスノーフェアリーも出走予定としていた)外国馬9頭を除く11頭の特別登録があり[2]、前述の通りスノーフェアリーは18日に出走を辞退し、25日の出走馬確定でレーティング上位5頭と獲得本賞金順の結果、ネヴァブションが非抽選馬として除外された。, 勝馬投票券は11月26日より発売され、単勝オッズ1ケタ台の馬は以下の4頭であった。, 1番人気はブエナビスタ。2歳~4歳春にかけて牝馬限定GIを4勝。牡馬相手のレースでは前年度の有馬記念2着、同年度の宝塚記念で2着など好走はしても勝ちきれずに終わったが、前走の天皇賞(秋)では休養明けを感じさせないパフォーマンスで待望の牡牝混合GI初制覇を達成した。今回は休養明け2戦目で陣営もこのレースを最大目標としており、前走よりも更なる期待が寄せられていた。, 2番人気はナカヤマフェスタ。同年度の宝塚記念でブエナビスタを差し切って優勝。さらに海外遠征となった凱旋門賞でも2着と好走しており、ブエナビスタとの再戦が注目されていた。, 3番人気はペルーサ。同年度の青葉賞優勝馬であり、3歳馬ながら挑戦した天皇賞(秋)では大きく出遅れながら上がり3ハロン最速の末脚で2着に食い込んだ。陣営は出遅れ癖を矯正するために当競走に向けてゲート入りの練習も行っていた。, 4番人気はローズキングダム。前年度の朝日杯フューチュリティステークス優勝馬で、クラシックは3冠とも勝ちきれずにいたが、いずれも善戦はしており実力的には上位人気馬に見劣りしないと思われていた。, 2010年11月28日 第5回東京競馬第8日目 第10競走 第17回(1997年) ピルサドスキー 第04回(1984年) カツラギエース 第15回(1995年) ランド 第39回(2019年) スワーヴリチャード, ただし有料入場人員は102,342人。またJRAの競馬場では再入場する際には新たに入場券が必要となること、またジャパンカップ発走前に退場した人も少なからずいるため、発走時に106,322人全員が競馬場に滞留していたわけではないことに留意する必要はある。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=第30回ジャパンカップ&oldid=80090775. 天気:晴、馬場状態:良、発走時刻:15時20分, スタートでペルーサが立ち遅れ後方からの競馬を余儀なくされる。ブエナビスタもスタート直後にゴチャつくような格好で後方に下がった。好スタートから押し出されるようにシンゲンがハナを奪う。2番手にヴィクトワールピサとフィフティープルーフがつけエイシンフラッシュがこれに続いた。中団やや手前にナカヤマフェスタやローズキングダムがつけ、ブエナビスタは後方の外目、ペルーサが最後方でレースを進めた。, レースは1000m通過が60秒台になり、隊列がほぼ変わらず直線に入ると、ヴィクトワールピサが抜け出すところを、馬群の外からブエナビスタが、さらに真ん中からローズキングダムが追い込んでくる。しかしブエナビスタの脚色がよく、粘るヴィクトワールピサをゴール前突き放して1位入線。一方2着争いは直線でヴィクトワールピサとブエナビスタに挟まれ、さらに前に入られブレーキをかける不利を受けながら、ローズキングダムが最後ヴィクトワールピサを交わし2位入線。ヴィクトワールピサが3着。大勢が決してから追い込んできた4枠2頭, ジャガーメイルとペルーサがそれぞれ4着、5着と日本馬が上位を独占した。結局日本馬が8着までを占め、外国馬の最高着順はシリュスデゼーグルの9着と惨敗を喫した。, レース終了後、1位入線のブエナビスタ鞍上のスミヨンはウイニングランを行ない、ムチを観客席に投げ入れるなどのパフォーマンスを行なった。, しかし、レース終了後3件の審議が行われた。そのうちの一つが直線で2位入線のローズキングダムの進路が狭くなったことについてのもので、24分にも及ぶ審議の結果[3]、「1位入線のブエナビスタが急に内側に斜行し、ローズキングダムの進路を妨害した」として同馬を2着に降着。2位入線のローズキングダムを繰り上がり1着とした。, なお、残る2件の審議のうち、ブエナビスタがスタート後に躓いたことについては、これは自らが躓いたものであったため、他馬への影響が全くなかったことからすぐに審議対象から外されたが、フィフティープルーフ、マリヌス、シリュスデゼーグルが直線で接触した件については、審議の結果、走行妨害は認められなかったものの、ギュイヨン騎手には10万円の過怠金が言い渡された。この審議の結果、スミヨン騎手は開催日4日間の騎乗停止となり、騎乗予定であった香港国際競走での騎乗も不可能となった。, ブエナビスタは前年度の秋華賞でも2位入線から3着に降着しており、GI優勝馬が2度の降着処分を受けたのは初めてのことだった。, またジャパンカップ開催週の東京競馬の一般競走(障害競走を含む)全てのレースは、ジャパンカップ30回を記念して歴代優勝馬の名を冠し「○○○賞」の副称が付けられた。レース名の選考はジャパンカップ当日の最終レースであるJRAプレミアムレース「東京ウェルカムプレミアム」への得票順で決定され、1位になりレース名に選ばれたエルコンドルパサー以下のランキング15位までの馬名が選ばれた。なお命名の順番はランキング下位の馬名から付けられた。, 展示馬として三冠馬シンボリルドルフが展示された。当時29歳。ルドルフは前年の冬に北海道から千葉のシンボリ牧場に移動していた。当初は反対だったオーナーの和田孝弘もオグリキャップの展示ビデオを見て「ファンがこんなに喜んでくれるなら」とルドルフを展示馬として出す事を承諾。ルドルフの産まれた年に第1回ジャパンカップが行なわれている。ルドルフが東京競馬場を訪れたのは実に25年ぶり、自身が勝ったジャパンカップ以来であった。さらにルドルフの勝ったジャパンカップの連勝複式は3−8であったが、この日のジャパンカップも同じく連勝複式改め枠連3−8で決着している。, 第01回(1981年) メアジードーツ 第07回(1987年) ルグロリュー 第19回(1999年) スペシャルウィーク 第33回(2013年) ジェンティルドンナ 第35回(2015年) ショウナンパンドラ 第21回(2001年) ジャングルポケット ブエナビスタ降着、ローズキングダム繰り上がり優勝という衝撃的な結果が待っていた第30回ジャパンカップ。スミヨン操るブエナビスタは外から一気に脚を伸ばして1位入線しただけに、着順変更までなされたことに疑問を持ったファンも多かったようだ。 第31回(2011年) ブエナビスタ 第16回(1996年) シングスピール 第09回(1989年) ホーリックス 第25回(2005年) アルカセット 第28回(2008年) スクリーンヒーロー 第02回(1982年) ハーフアイスト 第18回(1998年) エルコンドルパサー 第26回(2006年) ディープインパクト, 第27回(2007年) アドマイヤムーン 第12回(1992年) トウカイテイオー 第05回(1985年) シンボリルドルフ 第03回(1983年) スタネーラ 第11回(1991年) ゴールデンフェザント 第30回ジャパンカップは、2010年 11月28日に東京競馬場で行われた競馬の競走である。 ブエナビスタが1位入線したものの、他馬の進路を妨害したとして、ローズキングダムが繰り上げ優勝となった。 第38回(2018年) アーモンドアイ 第08回(1988年) ペイザバトラー 第36回(2016年) キタサンブラック 第22回(2002年) ファルブラヴ ローキンが2着にまできたから 不利がなければ勝てた可能性があると判断されてブエナが降着になった ローキンが3着なら不利なくても勝ててないってなるから降着はない, これだなかなか決まらなかったんだよ その後12レースをいっぱい買って大負けしたわ, >それが何も悪くないということ  >むしろ何の妨害もなく有力馬の出す場所を封じた神騎乗  >ルール違反で封じられた道を開けてきたのがジェンティル, 確かにオルフェにタックルしたのは岩田&ジェンティルだが、そのあとオルフェはジェンティルにもたれかかり続けて 非力な馬なら内ラチに激突する事故が起こるようなもたれ掛かりをゴールまでずーーーとしてるんだけど?オルフェーヴルがwww, これは酷い 何度もタックルした挙句前を完全にカットしてる ピサよ酷い寄れ方だけど、これはブエナ降着で当たり前だよ 降着にならない方がおかしいレベル, グランプリボスのやつは加害馬が2頭だったからセーフとかそんな理由じゃなかったっけ?, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。.

川越英隆 パワプロ, 東京 ジュニアユース ランキング 2019, 福島牝馬ステークス 競馬ラボ, 俺物語 アニメ 無料, サイレンススズカ 馬体重, ガーナ 観光,