フェブラリーステークス 芝スタート

ダート戦なので基本的には逃げ~先行が有利だが、1300mや1400mに比べてガクンと成績は下がる。中団以降からの差しも十分決まる。, 【種牡馬成績】クロフネ、ブライアンズタイム、フジキセキ、シンボリクリスエス、フレンチデピュティ、アグネスタキオン、マンハッタンカフェが上位。芝のG1馬を輩出できるスピードと瞬発力を兼ね備えた血統が強い。ただし、ミスタープロスペクター系は取捨が難しい。トワイニング、プリサイスエンド、エルコンドルパサーは比較的狙い目。キングカメハメハ、エンドスウィープ、ティンバーカントリーなどはひと息。, 【クラス別水準ラップ(3F-2F-3F)と勝ち時計】 2歳OP特別・重賞(─) 【東京競馬場 ダート1600m】芝コースの第2コーナーにあたる部分からスタート。ダートの本線までに芝を走る距離は内が約150m、外が約180mとなっているため、外枠がやや有利。ダートコースに入ってからも向う正面半ばまでゆるやかな下りが400 2020年 フェブラリーステークス; ... 初めてダートに挑んだ前走・根岸sで“スタートでは最後方。 ... 芝・ダート双方でのgⅠ制覇は、クロフネ、アグネスデジタル、イーグルカフェ、アドマイヤドンに続き、jra史上5頭目の快挙。 3歳以上準OP・OP特別(34.9-24.7-36.9=1.36.5) 3歳以上1000万(35.4-24.6-37.5=1.37.5) 関西在住の平成生まれのサラリーマンです。競馬を愛しすぎてブログやYoutubeや各種のSNSで競馬情報を発信しています。, フェブラリーステークスの過去10年の傾向から再現性ある絶対に知っておきたい3つのこと. 競走名の「フェブラリー(February)」は、2月を意味する英語 。 この名が示す通り、基本的には2月の第3、もしくは第4日曜日に開催される(1998年と1999年は除く)。 All Rights Reserved. 芝コースの第2コーナーにあたる部分からスタート。ダートの本線までに芝を走る距離は内が約150m、外が約180mとなっているため、外枠がやや有利。ダートコースに入ってからも向う正面半ばまでゆるやかな下りが400m弱続く。スタートから最初のコーナーまでの距離が700m弱、直線コースが502m。1400m中1200m弱が直線のため、加速力、スピード、持久力が要求されるコースである。, 前半3ハロンの水準時計はクラスを問わず35秒0前後になっている。よって、クラスの差が分かれるポイントは中・終盤の厳しさだ。コーナーが2回である点と、砂が軽い影響で全体的にスピードが要求される。フェブラリーSでは芝並みの時計が出ることもある。他場のダートコースとは異質の能力が試され、適性の有無が出やすい。, 【有利な脚質と枠順】 G1では毎回やってる全頭分析コーナーです!既にアップしておりますフェブラリーステークスの過去10年の傾向から再現性ある絶対に知っておきたい3つのことを元にして、全頭分析し、最も再現性のあるデータからBest Buyな1頭を紹介できればと考えております。まずは、フェブラリーステークスの傾向を簡単におさらいしてから全頭分析に移りたいと思います。, フェブラリーステークスは、過去10年中8年が前傾ラップの持続力勝負です。前半が34秒台で後半が35秒台のように高速時計となる前傾ラップ適性が必要なレースであることがわかります。通常の東京1600m戦と同様に芝スタートにより、スピードを乗せやすい外枠の馬と前に馬を置きたくない内枠の先行馬の先行争いで前半が速くなり、コーナーも下り坂でペースが落ちにくく、更に長い直線で上り3ハロンでも35秒~36秒の速い時計が求められるので、持続力が求められるレースであることがわかります。, このように持続力が求められるレースであることからも、距離短縮馬が過去10年で7勝、単勝回収値が386円と非常に好成績です。また、非常に前半のペースが速くなる為、距離短縮馬の中でも前走先行できた追走力が必要になります。走る距離が短い持続力勝負になれば、前走と比較してもスタミナを温存した状態で直線を迎えることができるので有利になりますし、実際フェブラリーステークスでも先行馬が好走率優位なのは、こういった距離短縮の先行馬がある程度厳しいペースでも追走でき、そして直線でもスピードを持続させやすいコースであるからともいえます。, フェブラリーステークスは前述の通りで、ダートでも時計が速いです。これは路盤であったり、砂質によるものですが、東京競馬場は最も馬場が軽い砂質になるので、スピードが求められます。そうなると、若い馬が非常に期待値が高いです。4歳馬や5歳馬は勝率馬でも最も出走数が多い6歳、7歳馬と比較しても成績がいいです。これは競争馬はトレーニングを続けると年をとる毎に筋肉が固くなりパワー型になり、スピードや瞬発力の部分が削がれることが大きな要因です。そういう意味でも東京ダートはスピードの部分が重要視されるコースであり、若い馬の活躍が狙い目です。ただし、6歳、7歳でも本質的にスピードがあり、東京ダート1600mで好走多数の馬については基本的には年齢は心配不要でしょう。, 毎年言ってるかもしれませんが、フェブラリーステークスの血統傾向はなんといってもエーピーインディでしょう。エーピーインディといえば、タピット、マジェスティックウォリアー、シニスターミニスターといった米国系のボールドルーラー系の血統であり、高いスピードとその持続力に特化しているタイプになります。, 上記をベースに全頭を片っ端から分析し、個別キャラによる定性的な情報も織り交ぜながらBestな1頭を導きます。, 5歳馬でまだ若く、いかにこれからという典型的な大型のダート馬です。前走から距離短縮のローテションではありませんが、東京ダート1600mは4戦4勝とこのコースが大得意の先行馬であり、持続力が武器の馬です。盛岡は地方競馬では珍しく時計が速いスピードが求められる馬場であり、東京との親和性が高いので、南部杯を先行して2着は非常に好感を持てます。, また、1400mのプロキオンステークスはマテラスカイが作った前半3ハロン33秒3という芝並みの前傾ラップを4番手から押し切るすさまじい勝ち方。いくら中京競馬場が先行有利な構造とはいえ、それでも普通なら垂れるようなレースをベストでない距離で勝ち切ったのは優秀です。ただ、このプロキオンステークスは、馬場的には圧倒的に内馬場有利な日でしたので、ペースは厳しいかもしれませんが、先行したので進路に恵まれたのは事実かもしれません。, それでも評価したいのは、東京コースでの成績が物語るようにスピードとその持続力の勝負はこの馬が大得意な舞台です。前走後はこのレース1本に絞ったローテションのようですし、インティをどこまでマークできるかが重要です。, これまでのレースぶりからは絶賛したいのですが、問題は、血統面ではエーピーインディ持ちではなく、ゴールドアリュールではないSS系*ロベルト系の母系であること。母系を見れば米国G1での好走馬も出しておりますが、血統面でピッタリとは言えなさそうです。, 昨年のフェブラリーS覇者。昨年と比較して勢いは違えど、ローテーションとしては東海ステークスから距離短縮でのローテーション。さらに逃げではなく5番手あたりの先行策で追走する競馬で、最後は溜めても切れないので前の馬を差し切れずに3着。内容としては脚を測れたといった内容ですし、これでできることは1つだけですね。おそらくドリームキラリが出走しないので、フェブラリーステークスも逃げて昨年と同様の競馬をするでしょう。こうなると、距離短縮ローテーションに加えて、前走先行、今回逃げとフェブラリーステークスで絶対に抑えておきたいことの1つは合致。但し、6歳を迎えるとやはりスピード面で不安を残しますし、坂路で自己最速の時計といっても坂路なのでどちらかというとパワーが付いたような印象も受けますので不安があるといえば不安があります。そんなこと言ってもチャンピオンズカップでは完璧な競馬で昨年の東海ステークスで自分で作った時計よりも1秒以上速い時計で3着ですし、前走は58kgのハンデであの競馬ですし、何よりドリームキラリが不在の場合は、この馬の楽逃げ確定なので心配は不要なのかもしれませんが、過去トランセンドやホッコータルマエも年をとるとフェブラリーステークスのように東京の競馬では若い時の競馬をできなくなったことや東京の次に軽い砂ともいえる京都の東海ステークスで敗れている事実を考えると絶対的な信頼を置くのは危険かもです。, 9歳馬でコーナーが多いコースで脚を溜めて、最後に弾ける競馬を得意とするタイプである為、1ターンの東京ではどうでしょうか。G1チャンピオンズカップを含み、ここ3戦で上り最速な脚は魅力ですし、距離短縮のローテーションに加えて、血統的にもエーピーインディ持ちの血統であることからも穴人気しそうですが、個人的にはコーナーがあるコースで脚を溜めれるタイプと考えているので、軽視予定です。, 距離短縮の7歳馬で、東京ダート実績無しですが、父カジノドライヴでエーピーインディ持ちかつ母はダート4勝馬。東京はもう5年も前になるオキザリス賞で3着になった時以来なのでびっくりですね。キングズガードのように1ターンでの競馬がどうかなというところもありますが、阪神ダート1400mでもしっかりと連勝しておりますし、1ターンの心配はなさそうですし、左回りも堅実な結果ですね。この年にして、前走の競馬で一気に幅が出たような先行からの末脚を伸ばすセンスのいい競馬ができるようになり、インティにも先着。ブレーキを踏んだり砂を被ると競馬を放棄するので、大外一気に頼らざるを得ないでしょうから、外枠なら怖い1頭ですね。, 鞍上長岡騎手、川崎記念大敗からの距離短縮ローテーションですが、わかりやすいくらいに地方交流重賞に特化している成績からもこの東京のスピード競馬では中々評価しづらいですね。地方交流でも、川崎、船橋、浦和で勝利してるようにコーナーでの機動力が武器なこと、タフな馬場でも走れるパワーが持ち味なので、東京ダート1600mはさすがにキャラが合致するとは思えません。過去もフェブラリーステークスでは全て掲示板外、ヒヤシンスステークスでも4着であったことを考えてもここで積極的に買うのは難しそうです。血統的にも好走血統とはかけ離れています。, 明け6歳ではありますが、調教ではここ最近ずっとサウジカップに出走するダート王のクリソベリルと併せ、仕上げる超絶仕上げで話題のサンライズノヴァ。明け6歳馬でありますが、南部杯での超高速時計を5番手からの押し切りの競馬でアルクトス、ゴールドドリームに圧勝した内容や前半3ハロン34秒7の超絶前傾ラップで先行馬が総崩れする中でも2番手で競馬をし、掲示板に残った武蔵野ステークスでも見せ場十分でした。, さらに武蔵野ステークスは、大敗組でもエアアルマス、デュープロセス、ダノンプロセスと次走勝ち上がりのハイレベル戦でした。6歳馬でありますが、ダート1600mでは4勝と得意舞台。前走武蔵野ステークスでは、初騎乗の森騎手が前に行く競馬でハイペースに揉まれましたが、先行勢唯一の掲示板で力を見せておりますし、展開が緩めば先行した競馬でも十分対応できる幅も手に入れました。, さらに、注目したいのは南部杯の時計は秀逸。1分34秒2は、エスポワールシチーよりも0秒9速く、ルヴァンスレーヴよりも1秒速い時計です。エスポワールシチーがフェブラリーステークスを大得意であったことを考えるとどうしてもこの時計は魅力的ですよね。, また、3走前のプロキオンステークスは、内の馬場が圧倒的に有利な競馬場の中でもこの馬だけは大外ブン回しでの結果。, ここ2走を見て頂ければわかると通り、昨年のフェブラリーステークスや圧倒的不利なポジションのプロキオンステークスでも使っていた大外ブン回し戦法から脱却してある程度のポジションから差す競馬ができるようになったことです。高速時計になるスピード決着の舞台は間違いなく向くのでこの舞台での適性は上位でしょう。6歳馬でも全く不安要素はありませんね。, 血統的には、ゴールドアリュール産駒というフェブラリーステークスをここ10年で4勝している種牡馬ですし、母系にはフラワーカップ勝ち馬のリアルサファイアに加えて、近親にはフェブラリーステークス勝ち馬のサンライズバッカス、マーチステークス勝ち馬もいるフェブラリーステークス血統と言ってもいいでしょう。重視したい1頭です。, 明け5歳の2歳G1馬であるタイムフライヤー。この馬のローテーションはチャンピオンズカップからの距離短縮で、東京ダート1600mも展開が向いたとはいえ武蔵野ステークスで2着。血統的には、母系にはジャパンカップダートの勝ち馬であるタイムパラドックスを輩出しているようなダート血統にハーツクライでもここまで走れるのはやはりブライアンズタイムの血が活きているからでしょうか。特筆したいのは、前走。マーフィー騎手が中京競馬場の特性を見抜き、インにこだわるものの、最後の直線で進路が見つからずでした。ただし、レース映像を見て頂ければ進路を見つけてからの伸びは、なんでゴール前そこまできてるの?と思わせるくらいの伸び脚であり、位置取り一つのような印象もありました。このフェブラリーステークスで重要な要素の”スピード”に関しては、芝の重賞勝ち馬でもあるので心配ないですし、若く血統背景もいいので注目の1頭ですね。, デビューしてから札幌、中山、東京、園田と走り重賞初制覇。その後、川崎のG1に挑み、ヒヤシンスステークスをステップにUAEダービーでドバイの舞台で4着。日本に帰ってからも大井、新潟、金沢で2着と連対し、名古屋大賞典2500m戦で重賞2勝目。川崎記念も明け4歳馬ながら3着と奮闘。, ここまで見て頂ければわかる通り、どの競馬場でも、どのような距離でも掲示板を外していないのがこの馬の魅力ですね。これまで地方の長い距離を先行して押し切るような競馬がメインでしたので持ち味は持続力でしょう。, 今回ローテーションとしては川崎記念からの距離短縮のローテーションで、前走も先行してます。血統的にも最重要血統であるエーピーインディ持ち。ここまで見ればこの馬は買いでしょう。ただ、唯一”スピードが求められる”という舞台で果たして問題なく追走できるのかが不安です。血統的にも母系にはカリビアンゴールドがいるような血統背景もあり、十分勝負できそうにも思いますが果たして・・・。, 一昨年のフェブラリーS覇者ですね。東京大賞典も2着でありますが、先行したゴールドドリームもつぶれるような後方有利な競馬の中でしたし、ここ最近の地方での好調はやはり、「尾持ち」効果であり、中央ではできないので毎度おなじみの大出遅れの可能性大でしょう。, 距離短縮のローテーションで、フェブラリーステークス勝ち馬でありますが、スピードが求められる東京コースで、近走はいかにも中距離適性を上げてきた走りっぷりからも今までと同じレースができるのかという不安はありますね。マイルになると地方交流でもワークアンドラブとグレンツェントに敗れているのも気になります。, 安定感抜群の馬で、前走で敗れるまでは9回連続馬券になっていたような公務員でした。今回判断が難しいですが、根岸ステークスからの距離延長に加えて、ダート1600m実績は2勝クラスで1勝のみでした。陣営の声としてはもっと走れるという声が多いので前走は度外視でいいのかもしれませんが、個人的には距離短縮のローテーションでしっかりと結果を残していることもあり、買い!といいにくい1頭です。血統的には母系にはグランアレグリアやタピッツフライがいるような牝系であり、素質は抜群であると思うのですが、どこまで挽回できるか。, 個人的には羽田盃でも本命にした好きな馬ですし応援したいですが、さすがに中央の高速ダートでは厳しいと思います。デルマルーヴルを物差しにして大箱のコースになると良化するのかといえばこれまでのレースぶりからも大井であれだけの競馬ができているので、あり得るのでしょうが、馬場が合わないと想定します。, ミューチャーリーと同じ見解です。中央マイルになるとスピードが不足するでしょう。母系は中央重賞級なんですけどね。, 前走根岸ステークスは圧巻でした。連闘でもG1を勝ちますし、初ダートでも出遅れて、砂かぶって、3コーナーを馬なりで上り最後はぶち抜く強さ。フランケル産駒って本当にすごいですね。この馬は血統的には母系が米国系でフランケルのいいところもきっちりと受け継いだような感じですよね。スピードは安田記念勝ち馬ですし、芝スタートは全く問題なし。距離延長のローテーションですが、安田記念も距離延長のローテーションで制覇したくらいに全く問題なし。, また、安田記念で好走し、マイルチャンピオンシップで凡走する大きな理由が”前傾ラップ”が得意だから。, 重賞では、前傾ラップでなんと、2-4-0-1と素晴らしい成績です。一方で後傾ラップになると一回しか馬券になっておらず6回は敗退しているので、安田記念のような前傾ラップになるレースであると力を出し切れます。根岸ステークスはダートレースでも最も前傾ラップになるレースでしたので、このモズアスコットのキャラを知られる方が本命にされていたのだと思いますが、私には初ダート馬で前傾ラップは無理だと思っていたのでさすがに買えませんでした。フェブラリーステークスは昨年こそスローペースでしたが、基本的には前傾ラップのレースですし、芝スタートでこの馬の右に出る馬もいないでしょうし、条件としては非常に好転するのではないかと考えております。, ワイドファラオは、同じ舞台であるユニコーンステークスを33.9-37.1の超前傾ラップを逃げ切るレースぶりで、今後のダート界を背負う1頭だと思いましたがそこからは競馬の幅を広げるためなのが、鞍上変更の影響もあったのかなんとも微妙な戦績で人気落ち必須。, みやこステークスは完全にデムーロ騎手が途中でやらずでしたし、チャンピオンズカップではスタート失敗からの終始外を回し、あの高速時計のレースを2コーナー時点から前に押し上げる相当厳しい展開で大敗、前走は脚を溜めた馬に千切られたところを見るとやはり全く同じラップで逃げて、持続力で押し切る競馬でしょう。根岸ステークスでおそらく鞍上はある程度前でなければ持ち味がでないので、前目で少し我慢して末脚を伸ばすレースをしたかったのだと思いますが、不発に終わったところをみるとG1ですし、芝スタートでありますし、自分の競馬に戻してほしいなという気もしますね。ローテーションとしては距離延長ですが、若く、スピードがあり、さらには東京ダート1600mの実績がありますので注目したいですが、本来の逃げを意識して競馬をしてくれるのかというところに注意したいと思います。また、ヘニーヒューズ産駒ですから一度調子を落とすと復活に時間がかかりますし、ここで重視するかはギャンブルなような気もします。, 根岸ステークスの予想でも説明しましたが、この馬の最大の魅力はその末脚のスピード。いかにも東京ダートに合うタイプです。, ご存知の通りで、前半34.7の武蔵野ステークスで上がり35.0とダートマイルでは破格の時計で勝利しましたし、これまでも上がりを重視するレースで実績を積んできた馬です。ここ最近の後方一気の競馬で目を見張る末脚はいかにも東京コースのスピードを求められる展開向き。前走の根岸ステークスは直線に入った時点で少し外に出すも窮屈で物理的に追い出しが遅れてしまいましたが、スマートアヴァロンがいなければ結果は違ったでしょう。また、この馬を語る上で、絶対に知っておきたいのは叩き2戦目での急上昇。, 明らかに叩き2戦目で仕上がるタイプです。武蔵野ステークス、アハルテケステークス、BSイレブン賞、洲本特別、1勝クラスとこれらの5勝は全て叩き2走目であることを考えれば、非常に今回はねらい目と言ってもいいでしょう。展開的には前崩れのレースを狙いたいので展開に身をゆだねる必要があるので絶対の信頼を置くのは展開を読み切ってからでなければならないのですが、それでも買って損はないでしょう。, フェブラリーステークスについては全頭分析を行い、そしてYoutube競馬番組でBest Buyな1頭をレースまでに紹介中です。, 先週は、ミヤマザクラとダーリントンホールでしっかりと単勝的中できたので、好調を維持しておりますし、気合い入れてブログでも全頭分析したので、上記の中でもBestBuy!って言える1頭をYoutube番組で紹介予定です!ちなみに現在重賞の単勝回収率は260%なのでまぁまぁいい感じですね!このまま今年も昨年のBest Buyの記録である177%超えを頑張っていきたいと思います!是非チャンネル登録をお願い致します。, 有馬記念ではリスグラシューとサートゥルナーリアの1・2フィニッシュし、秋華賞から続くG1連勝を10とし、自身が持つ年間18勝の記録を上回る19勝目をマーク。ホープフルステークスでは勝ちこそノースヒルズのコントレイルに持って行かれましたが、2〜5着はノーザンファーム生産馬でした。このような桁違いの成績を誇るその理由の一つに外厩があることは間違いないでしょう。, ノーザンファーム生産馬はしがらきと天栄でリフレッシュすることも鍛えることもトレセン近場で実施できます。トレセン以上に勾配もある坂路で負荷をかけられているので仕上がりも早いですし、レースに使わずとも心肺能力を鍛えることができます。, 今年に入ってもアウィルアウェイ、サンクテュエール、アウィルアウェイが重賞制覇。フェブラリーステークスの外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと”社台外厩リターン”というコンテンツがありますので、そちらで外厩情報が確認できます。是非ご参照ください。, 先週はBest Buy検討委員会で紹介していた、ダイメイボーイの直線の末脚で検討委員会は大盛り上がりでした。あの末脚で勝てないのが京都内回りの難しさであることは理解していたのですが、それでも悔しいですね~。私単勝5万円勝負でしたので、あの差で50万円取り逃したのが本当に悔しいですwそのBestBuyで失ったお金は共同通信杯のダーリントンホールで取り返したので傷はないといえば傷はなかったのですがさすがに悔しい気持ちが満載ですw, 昨日福永祐一騎手から頂いたお金を福永祐一騎手に返しました。おつかれっした。 https://t.co/npK232m381 pic.twitter.com/Plu25OvOrW, — K-BA LIFE (@info00668106) February 16, 2020, 基本は10倍前後の単勝狙いですので、こんな感じに荒い動き方をしますが、単勝回収値は301%です。昨年は177%でしたので少しやばい感じがしてますwそんなこんなでここまで自分のBest Buyで引っ張ってますが、この検討委員会では参加される皆様が主役になります。, 今月のBest Buy検討委員会ではみんなと一緒に競馬を楽しむ為に、2月は鍋は水炊き派、蟹派、すき焼き派と3チームに分かれて全員でBEST BUYを検討し、そして月次で単勝回収率1位のチームを決めます。単勝回収率1位のチームには、ギフトカードを賭けた馬券バトルを翌月曜日の地方競馬最終レースを私が指定するので予想して頂きます。全員外れた場合は、次月にキャリーオーバーを予定してますので毎月楽しみながらBEST BUYを実践できる仕様になってます。, 日曜日もチーム水炊き派様は、ばっちり1着馬をBest Buyに推奨しておりましたし、非常に素晴らしい結果でした。土曜日もメンバーのBestBuyを信じることで一発逆転できましたし、非常に面白い検討委員会だと思います。また、全チームと中の人が選んだ馬が一致したBEST BUYはMUST BUYとして全員で狂喜乱舞する勝負レースになりますので、いつか夢を見てます。詳細については下記にてご確認よろしくお願い申し上げます。, Best Buy検討委員会は、2月1日から配信スタートしてます。Best Buyを一緒に作りたいという方は参加をお願いいたします!, ベスハメ完全版では1日全レースの中で最も自信の勝負レースである”BEST BUY”やパイセンのハメ倒し競馬-THE BEST-を配信します!, 18-10-4-40という成績であることからも好オッズで尚且つ4回に1回程度は頭で来ていますので、私自身も自信をもって勝負できております。, BEST BUYを配信している”ベスハメ”についてはBEST BUY検討委員会のメンバーは無料で見ることができますので、是非ご入会くださいませ!, ベスハメ完全版を配信しているBEST BUY検討委員会は単純な予想配信だけではなく、各種オンラインサロン機能も有しておりますので様々なイベントを実施中です!, 参加者全員が自信の勝負レースを検討委員会内でプレゼンし、チーム対抗戦の勝負レース選定に選ばれるように日々努力し、そして開催日に狂喜乱舞するという活動です。また、チーム対抗戦で優勝チームには、BEST BUY杯に参加頂き、毎月商品券争奪戦をして頂きます。, 他のサロンと異なるのは、頂いた会費の大半を上記の活動費用に充てていることかなと思いますので、内容も充実しております。, これまでもごめん4着Tシャツ企画、大根おろし様との一日一善、一か月〇万円生活等多数の分科会もあります。, ごめん4着Tシャツは有名UMAJOの方にもご好評を頂いております!販売して得た売り上げは色んな企画に回してます!, ◆Mサイズ https://lounge.dmm.com/content/8247/, ◆Lサイズ https://lounge.dmm.com/content/8248/, 全員で競馬を回顧して、次に狙える馬をしっかりと復習して、次走出走時にはオーナーからリマインドするように仕組み化しております。, BEST BUY検討委員会は、オンライン上の競馬サークル、いや、本気度でいえば競馬の部活動のような活動ですので、本気で競馬を人生の一部にしたいという方は是非、週末一緒に楽しみましょう!, 【ベスハメLINE版8月成績】 最終Rのみ15頭配信して5勝で単勝回収率は483%!パイセンの破壊力w 8/8札幌◎フィルムフェスト14.5倍 8/16札幌◎サマーエモーション1.9倍 8/22新潟◎グルファクシー17.5倍 8/22小倉◎ファビュラスギフト27.3倍 8/30札幌◎アラスカ 4.7倍, その他にも地方交流重賞や海外重賞の予想も配信しており、9月の東京記念でもしっかり3人気◎サウンドトゥルーを的中!, パイセンの〇〇はマジで・・・といった一言コラムもありますので是非、ベスハメを宜しくお願い致します!LINEを使われている方は全員確認可能です!下記より、友達登録をお願い致します!, 現代競馬と一昔前の競馬との違いは、”外厩”であることは間違いなく、この情報なく馬券は買えない!?, トレセン以上の施設力や他厩舎馬との併せ馬等外厩先でなければ積めない訓練ができるのがノーザンファーム天栄としがらきです。そんなチートな施設で訓練された全レース出走馬の外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと”社台外厩リターン”というコンテンツがありますので、そちらで外厩情報が確認できます。是非ご参照ください。入手方法は下記の通りです。外厩情報や社台系ヤリなど幅広い情報を無料で入手できますのでおススメです。.

仮面ライダー シノビ 変身音, 湾岸戦争 教訓, 秋田汐梨 高校, エクストラ 略, 千葉ロッテマリーンズ スタメン, 秋田汐梨 3年a組ダンス, 将棋アプリ パソコン, ダーツブログ プロ,