パレスチナ問題 簡単に

東地中海のパレスチナ地域(右図の 印内)の領有をめぐるユダヤ人とアラブ人の争い。 問題の本質 英米政府にとって、ユダヤの大富豪による圧力と、中東の石油資源と産油国支配のための軍事的拠点が必要だった。 パレスチナ問題とは. パレスチナ問題とは何か簡単に説明しなさい。 イスラエル・パレスチナ問題について簡単にまとめてみました。歴史、民族問題などは人によって見解が大きく分かれますし、正直何が真実なのかわからないことがたくさんあります。 聖書で「乳と蜜の流れる土地」(肥沃な大地)とたたえられ、十字軍やナポレオンの遠征など世界史の舞台にもなってきたパレスチナ。16世紀以降この地はオスマントルコ帝国の一部として、アラビア語を共通言語とし、イスラム教徒、キリスト教徒、ユダヤ教徒が共存していました。しかし19世紀、西欧帝国主義諸国が中東に進出し、オスマン帝国は崩壊の危機を迎えます。 同じころ、オスマン帝国からの独立を目指すアラブ人の民族主義の動きが活発化します。またヨーロッパで差別や迫害を受けていた … という問題がテストででたら何て書けばいいでしょうか。, パレスチナ問題はアラブ人とユダヤ人の対立。原因は、アラブ人の住むパレスチナにユダヤ人国家イスラエルが建国されたことです。, パレスチナは、ユダヤ人にとって聖地であるイスラエルを含む地域です。古来ユダヤ人はイスラエルを追われましたが、19世紀頃からユダヤ民族の中で、イスラエルを取り戻そうと言う動きがありました。, しかし、パレスチナには1000年以上にわたってアラブ人が住んでいたから、アラブ人とユダヤ民族がパレスチナをめぐり対立していました。, そこで問題を複雑にしたのが、世界大戦でアラブ・ユダヤ両方に力を借りたイギリスです。 イスラエル・パレスチナ問題について. イスラエル、パレスチナ問題について、よくニュースなどでは耳にしますが、いったいなぜこんな事態になってしまったのでしょう。歴史の観点から当ホームページも少し詳しく説明していきますね。 パレスチナは、東をヨルダンに接する「ヨルダン川西岸地区」と、西を地中海、南をエジプトに接する「ガザ地区」に分かれています。ヨルダン川西岸とガザは1994年以来「パレスチナ自治区」とされ、「パレスチナ自治政府」が存在していますが、独立国家ではありません。 人口は両地域を合わせて約455万人で、その過半数が15歳以下の子どもです。面積はヨルダン川西岸地区が5,655平方km(三重県と同程度)、ガザ地区が365平方km(種子島と同程度)です。 面積は第二次世界大戦終結以前のもの … イスラエル軍によるガザ地区への無差別攻撃で多数の死傷者(2000人、大部分が民間人)が出ている。何故、こういうことが続いているのか。, ●問題の本質 英米政府にとって、ユダヤの大富豪による圧力と、中東の石油資源と産油国支配のための軍事的拠点が必要だった。 ・1947年 米英主導で国連の「パレスチナ分割決議」 ・1948年 米英の軍事力を背景にイスラエル(ユダヤ人国家)建国 ・世界中から集まってきたユダヤ人と国を奪われたパレスチナ難民との争い, ●歴史的背景 ・紀元前10世紀(3000年前)、ユダヤ人の国(イスラエル王国)があったが、交通の要所であったため、度々侵略を受け、滅亡。 ・紀元前135年、ローマ帝国がここを占領。その後も、多くの戦乱でユダヤ人は世界各地へ散らばった。 ・ユダヤ人にとって、ここに国を作ることが悲願だった。, ●経緯 ・第一次世界大戦までは、パレスチナはオスマン帝国(トルコ)が統治し、アラブ人(パレスチナ人)が住んでいた。オスマン帝国はイスラム教の国。 ・世界中に散ったユダヤ人は、ヨーロッパなどで迫害を受けたため、パレスチナへ戻り始めていた。この頃、両者は争うことなく暮らしていた。 ・第一次世界大戦中、イギリスはアラブ指導者にはアラブ独立国家の樹立を約束。ユダヤ人指導者にもユダヤ民族の地を作ると約束。イギリスのこの動きが現在の混乱の元となった。 ・アメリカとイギリスの主導で、パレスチナを分断してユダヤ人とアラブ人の国を作ることを国連総会に提案。一方的な決議で分断が決定した。, ・パレスチナ人と周辺のアラブの国々が国連決議を不当として、イスラエルに進軍(第一次中東戦争)。これ以降、断続的に紛争が続いている。, ・第一次中東戦争でエジプトが攻め込んだのがガザ地区。ヨルダンが攻め込んだのがヨルダン川西岸自治区。(右図) ・1980年代以降、PLO(パレスチナ解放機構)は、ヨルダン川西岸自治区とガザ地区に限定したミニパレスチナ国家の設立をめざすようになった。 (この2つの地域が現在のパレスチナ自治区) ・1993年9月、アメリカのクリントン大統領が間に入り、イスラエルのラビン首相とPLOのアラファト議長の間で「パレスチナ暫定自治に関する諸原則(オスロ合意)」がなされ、多くの問題を先送りにしたまま、パレスチナによるガザ地区などの暫定自治が始まる。 ・しかし、イスラエル側はパレスチナ国家を認める気が無く、独立国家の希望を持つパレスチナ人は裏切られた結果となり、衝突。紛争が今も続くことになる。, ●イスラエルはなぜ強い?  ・19世紀にアメリカに移り住んだユダヤ人が金融業で成功し、アメリカの経済に強い影響を持つようになった。  ・さらにアメリカの大統領や議会に圧力をかけ、アメリカの政策決定にも影 響力を持っている。例えば、国連安全保障理事会で、イスラエルの非難決 議案に対し、アメリカは何度も拒否権を発動している。 ・アメリカ、イギリスはイスラエルに全面的に軍事支援を続けている。, ・「2000年来のユダヤ人とアラブ人の対立」とか、「ユダヤ教とイスラムの宗教的対立」と言われることがあるが、それは問題のほんの一部。, 本質は、イギリスやアメリカがこの地域(石油資源、産油国)を支配するために軍事拠点としてのイスラエルが必要なのだ。  ・いまもオバマ大統領はイスラエルを全面的に支持し、武器供与も続けていることが最大の問題だ。  ・長年の戦闘により、犠牲者が増え続け、憎悪が拡大している。  ・戦争や武力では、決して問題の解決にはならないのです。  ・ここでももっとも必要なのは、平和の三原則なのだ。  「話し合うこと」「違いを理解すること」「歩み寄ること」. パレスチナ問題とは(聖地エルサレムを含む)パレスチナ地域の所有権を巡る、アラブ人とユダヤ人の対立であり、イギリスの多重外交がその問題を複雑化した(紛争が現在も続いている)問題である。 パレスチナ問題は、簡単に言えば領土問題です。アラブ人が住んでいたパレスチナという地域に、数千年前に住んでいたユダヤ人がいきなりやってきてイスラエルを建国。 隅に追いやられるアラブ人が怒ってイスラエルを攻撃。 一時期ニュースを騒がせたパレスチナ問題。これまで何十年も紛争が続いており、一向に解決の兆しが見えません。, そもそもパレスチナ問題は何が原因で起こったのか?なぜ解決できないのか?はとっつきにくいテーマなので、意外と理解していない人も多いはず。, そこで今回は、パレスチナ問題を歴史的な背景や宗教的な観点で解説していきます。3分で読めるように内容をまとめたので、ぜひ最後までご覧ください!, パレスチナ問題とは、地中海に面したパレスチナ地域を巡って起きるユダヤ人とアラブ人の争いを意味します。, もう少し簡潔にいうと、パレスチナ問題=”ユダヤ人のイスラエル”と”アラブ人のパレスチナ自治区”による土地の争いです。, 最初は宗教の問題で起きた紛争ですが、今では政治的な問題も絡んでおり、解決が難しくなっています。, もともと3000年ほど前に、この地域にユダヤ人がエルサレム王国という国を設立しました。しかし、交通の要所であったため、何度も侵略を受けて国が崩壊し、住んでいたユダヤ人は世界各地に散らばっていったのです。, それ以降、周辺地域の大多数を占めていたアラブ人(アラビア語を話す人)がこの土地に住むようになりました。, それから時は過ぎ、第一次世界大戦を迎えます。ヒトラー以前にもユダヤ人は迫害を受けており、古の都であるパレスチナへと戻る人が増えてきました。, 第一次世界大戦で苦しんでいたイギリスに、ユダヤ・アラブ両方が力を貸し、そのお礼としてイギリスは、当時領土紛争が起こっていたパレスチナの独立をユダヤ・アラブ両方に約束したのです。, しかし、実際そんなことは起こるわけがなく、国連がパレスチナを分断してユダヤ人とアラブ人の国を作ることとなりました。, しかし、この協議もユダヤ側に有利な条件だったことから、アラブ側が断固として拒否。そんな中、1948年にユダヤ人国家としてイスラエルが建国されます。, その後、いきなり国を作って怒ったアラブ諸国とイスラエルで戦争が頻繁に起こるようになりました。, イスラエルの方が味方も少ないので劣勢でしたが、急遽アメリカやイギリスの支援を受けて、徐々に形成逆転するように。, そうやって徐々にイスラエルの地域が増えていき、パレスチナ自治区は苦戦を強いられています。, なぜアメリカやイギリスが、ユダヤ人国家であるイスラエルに手を貸すのか。それは、19世紀にアメリカに移り住んだユダヤ人が金融で成功し、アメリカ経済で強い影響を持ったからです。, この記事でも解説したようにユダヤ人は成功者が多く、アメリカ大統領や議会に圧力をかけて政策決定にも影響を及ぼすほど。, イスラエルは石油資源を支配するための要所であり、アメリカやイギリスは軍事拠点として必要なのです。, そういった背景もあり、アメリカやイギリスが、ユダヤ人国家であるイスラエルに武器提供を行っているのです。, ユダヤ人国家のイスラエルは、自国内の領域にあるパレスチナの周りに柵を張り巡らせて、パレスチナを隔離させました。, しかもパレスチナ地区は失業率が高くて生活環境も劣悪なので、住んでいる人にとってはある意味刑務所に閉じ込められているのと変わりません。, そういった背景もあってパレスチナ側の不満がたまり、イスラエルへのミサイル発射や自爆テロにつながっています。, こういった領土の線引きの仕方が今でも行われており、紛争の終わりが見えない状態となっています。, パレスチナ問題は、簡単に言えば領土問題です。アラブ人が住んでいたパレスチナという地域に、数千年前に住んでいたユダヤ人がいきなりやってきてイスラエルを建国。, 隅に追いやられるアラブ人が怒ってイスラエルを攻撃。アメリカとイギリスが政治的な意図があってイスラエルに協力。, もっと詳しく知りたい人は、この本がオススメ。世界5大宗教をサクッと理解できる名書です。, 世界史の授業でもニュースでもパレスチナ問題って聞くけどあれって一体何が問題なの?イスラム教とかユダヤ教とか宗教も絡んでいるから難しそう・・・。分かりやすく教えて欲しい!, 「アルバイトではなく、自分の力でお金を稼ぐ」をモットーに副業ブログ運営を発信中。138日ブログを書き続けたら5万PV,収益10万円を達成しました。本業は理系北大生(化学を専攻)。予備校で3年間受験勉強も教えています。, https://showhey001.com/wp-content/uploads/2020/03/2eacd93046f21cf5ae9d781683082075.jpg, 世界94カ国で学んだ元外交官が教える ビジネスエリートの必須教養 世界5大宗教入門 [ 山中 俊之 ]. パレスチナ問題とは(聖地エルサレムを含む)パレスチナ地域の所有権を巡る、アラブ人とユダヤ人の対立であり、イギリスの多重外交がその問題を複雑化した(紛争が現在も続いている)問題である。 というところでしょうか。, 勉強ノート公開サービスClearでは、30万冊を超える大学生、高校生、中学生のノートをみることができます。, テストの対策、受験時の勉強、まとめによる授業の予習・復習など、みんなのわからないことを解決。. イギリスはアラブ人にも、ユダヤ人にも、対価としてパレスチナでの独立を約束したからです。, 短くまとめるとするならば、 パレスチナ とは、現在の イスラエル一帯の地域 のこと。 この地を巡って、今も ユダヤ人 と アラブ人 は熾烈な戦いを繰り広げています。 この戦いは、「 宗教対立 」「 何千年前の紛争 」などと言われてき …

青と夏 感想, 7ブロック 再試合, フェニックス パチンコ 兵庫, Nhk あっさり解約, 天皇賞秋 予想オッズ, 35歳の少女 実在, 石橋けい 結婚, ファレノプシス 花 育て方,