イラン 歴史 わかりやすく

ペルシャナイズドの運営を通じて、もっとたくさんの方々にイランの魅力を感じて頂くべく、情報発信してまいります!, それを取りまとめたアッバースが750年にアッバース朝を建国し、ウマイヤ朝に変わってイスラーム世界を統治することとなります。, イランの土着文化とイスラーム文化が融合し、独自の文化が形成されていくこととなります!, 政治や宗教、商業、芸術などペルシャの全てが集結する様は「イスファハーンは世界の半分だ」と言われるまでになりました!. イラン・イラク戦争についてわかりやすく解説していきます。現在の国際情勢を理解する上でも重要な出来事の原因などを理解しておきましょう。今日の世界では、中東地域ほど対立や戦闘が多い地域はありません。中東に関する爆撃やテロ攻撃、そして不安定な情勢 また、現在のイランには、世界で最も古い主要文明の一つがこの地で起こり、紀元前7000年にまでさかのぼる歴史と、その遺跡が残されています。 古代イラン高原の南西部ではメソポタミア地方の文化的な影響を受け、やがて紀元前2800年頃に、エラムと呼ばれるイラン最初の国が 形成されました。 イラン(ペルシア語:ایران)の正式な国名は、イラン・イスラム共和国であり、西アジアに位置します。「イラン」という国名を表す言葉は、古代から広く使用されており、1935年から国際的に使用されるようになりました。それ以前の国名は、「ペルシャ」として国際的に知られていました。「ペルシア」と「イラン」はどちらも文化的背景の中で、今日でも使用されていますが、「イラン」は政治的、対外的に現在公式に使われている国名です。イランという言葉は、アーリア人と同義的に使用されており、「アーリア人の国」を意味する言葉でもあります。, イランの国土面積は1,648,195km²で、世界第18位の広さを持ち、人口は7000万人を超えています。北には、アゼルバイジャン、トルクメニスタンが接しており、北部はカスピ海沿岸地域となり、カザフスタンとロシアともカスピ海をまたいで近隣諸国という位置になります。東は、アフガニスタンとパキスタン、南はペルシャ湾とオマーン湾、西はイラク、北西には、トルコと国境を接しています。, イランは、石油や天然ガスの埋蔵量が大きいため、国際的なエネルギー安全保障と世界経済において重要な地位を占めています。また、現在のイランには、世界で最も古い主要文明の一つがこの地で起こり、紀元前7000年にまでさかのぼる歴史と、その遺跡が残されています。, 古代イラン高原の南西部ではメソポタミア地方の文化的な影響を受け、やがて紀元前2800年頃に、エラムと呼ばれるイラン最初の国が形成されました。, 紀元前2,000年の末には、遊牧民であったアーリア人がイラン高原にやってきました。アーリア人の中の、インド・イラン人と呼ばれるようになった人々が、イラン、インド地方へと移動してきたわけです。彼らは、イランの歴史の根幹部を形成することになります。そして、アーリア人の中のペルシア人とメディア人が、その後のイランの歴史の中に登場してくることとなります。, メディア人は、紀元前600年頃に勢力を強め、イランの北西部を中心にメディア王国を作りあげます。メディア王国は、アッシリアを滅ぼし、エジプトやバビロニアと並ぶ巨大一大強国となりますが、やがては新しく興ったペルシア人の王朝に同化してゆきました。, 紀元前6世紀にファールス地方から起こったのが、このペルシア人の国(アケメネス朝ペルシア)です。ファールス地方は、ペルシア語で、パルスア、ファールス(パールス)と呼ばれ、これが古代のギリシアの言葉でペルシスと呼ばれたことから、現在の「ペルシア」の言葉はここに由来するとされています。, 一方、イラン高原にやって来たアーリア人達は、自分達のことを「アーリア」という言葉で長く表しており、アーリア人の土地という意味合いで「アールーヤン」という言葉も使用していました。その言葉がササン朝ペルシアの頃の公用語で「エーラーン」と言われるようになり、イスラムの時代になるとこれが「イーラーン」となりました。これが、「イラン」と「ペルシア」という2つの言葉が併用されることとなる所以です。, アケメネス朝からはじまったペルシア帝国は、その後7世紀にイスラム(アラブ人)の侵入を受けるまで続き、大帝国を作り上げます。しかし、イスラムの侵入後は、ペルシアの文化はイスラム文化に吸い込まれていくこととなり、ペルシア文化の暗黒の時代へと入ってゆくこととなります。, そして、11世紀には、トルコ系民族、13世紀にはモンゴル系民族の侵入を受けることとなります。, 混乱していたイランを統一したのが、シャー・イスマイールで16世紀にイスラム教(シーア派)を国教として、サファビー朝を打ち立てます。最盛期は、シャー・アッバース1世の時代で、首都はイスファハン。現在のイラン人とイランの国の宗教的基礎がここから始まることとなります。, 18世紀アフガン人により再び滅ぼされてしまいますが、18世紀、カジャールによりイランは再統一されます。, 20世紀に入り、立憲革命で、カジャール朝は倒れますが、1925年、レザー・シャーが即位しイラン最後の王朝・パフラビー朝が成立します。これによりイランの西洋化、近代化が急速に推し進められ、1970年代のイランはオイルマネーに沸きます。しかし、人々の経済的格差など社会的に様々な矛盾を生み、人々の不満がつのり、1979年、指導者ホメイニ師によるイラン革命が勃発。パフラビー朝は滅び、イスラム勢力が完全にイラン国内で主導権を握るようになり、強い反米政策と独自のイスラム政体を築いた、現在のイラン・イスラム共和国の誕生となりました。, Unit 1, No 20, Corner of Golnaz St, Amirkabir Blvd, Shahrake Rahahan Tehran, Iran P.O.BOX: 1493673683, イラン(ペルシア語:ایران)の正式な国名は、イラン・イスラム共和国であり、西アジアに位置します。「イラン」という国名を表す言葉は、古代から広く使用されており、1935年から国際的に使用されるようになりました。それ以前の国名は、「ペルシャ」として国際的に知られていました。「ペルシア」と「イラン」はどちらも文化的背景の中で、今日でも使用されていますが、「イラン」は政治的、対外的に現在公式に使われている国名です。, イランという言葉は、アーリア人と同義的に使用されており、「アーリア人の国」を意味する言葉でもあります。, イランは、石油や天然ガスの埋蔵量が大きいため、国際的なエネルギー安全保障と世界経済において重要な地位を占めています。, また、現在のイランには、世界で最も古い主要文明の一つがこの地で起こり、紀元前7000年にまでさかのぼる歴史と、その遺跡が残されています。, 古代イラン高原の南西部ではメソポタミア地方の文化的な影響を受け、やがて紀元前2800年頃に、エラムと呼ばれるイラン最初の国が, 紀元前2,000年の末には、遊牧民であったアーリア人がイラン高原にやってきました。アーリア人の中の、インド・イラン人と, 彼らは、イランの歴史の根幹部を形成することになります。そして、アーリア人の中のペルシア人とメディア人が、, メディア人は、紀元前600年頃に勢力を強め、イランの北西部を中心にメディア王国を作りあげます。メディア王国は、, アッシリアを滅ぼし、エジプトやバビロニアと並ぶ巨大一大強国となりますが、やがては新しく興ったペルシア人の王朝に, 紀元前6世紀にファールス地方から起こったのが、このペルシア人の国(アケメネス朝ペルシア)です。, ファールス地方は、ペルシア語で、パルスア、ファールス(パールス)と呼ばれ、これが古代のギリシアの言葉でペルシスと呼ばれたことから、, 一方、イラン高原にやって来たアーリア人達は、自分達のことを「アーリア」という言葉で長く表しており、, アーリア人の土地という意味合いで「アールーヤン」という言葉も使用していました。その言葉が, ササン朝ペルシアの頃の公用語で「エーラーン」と言われるようになり、イスラムの時代になるとこれが「イーラーン」となりました。, アケメネス朝からはじまったペルシア帝国は、その後7世紀にイスラム(アラブ人)の侵入を受けるまで続き、, 大帝国を作り上げます。しかし、イスラムの侵入後は、ペルシアの文化はイスラム文化に吸い込まれていくこととなり、ペルシア文化の暗黒の時代へと入ってゆくこととなります。, 混乱していたイランを統一したのが、シャー・イスマイールで16世紀にイスラム教(シーア派)を国教として、, サファビー朝を打ち立てます。最盛期は、シャー・アッバース1世の時代で、首都はイスファハン。, 20世紀に入り、立憲革命で、カジャール朝は倒れますが、1925年、レザー・シャーが即位しイラン最後の王朝・パフラビー朝が成立します。, これによりイランの西洋化、近代化が急速に推し進められ、1970年代のイランはオイルマネーに沸きます。, 強い反米政策と独自のイスラム政体を築いた、現在のイラン・イスラム共和国の誕生となりました。. その為(かどうかは分からないですが笑)レスリングが非常にポピュラーなスポーツです。, また、サッカーやバレーも盛んで、特に1990年代に活躍したアリ・ダイというサッカー選手がまさに国民的英雄!, あと意外なのですが、インドの国技として有名なカバディは、実質の世界大会である2018年のアジア競技大会では男女ともにイランが優勝してます♡, イランってやっぱりニュースで聞く限りですと、怖そうな危なそうな堅そうなイメージがありますが、実際現在の生活やカルチャーを見ると結構ゆるかったりするので、そのギャップなどの発見も面白いですよ♪, サラーム ジギャール!けんちゃんです! 現在も頻繁にニュースを賑わす、イランとアメリカの関係。 経済制裁だ核兵器がなんだかんだお互いをディスりあってますね。 実…, サラーム ジギャール!けんちゃんです! その特殊な政治構造と外交関係から度々世界を賑わすイランのニュースですが、最高指導者や大統領が共存していたり、イスラーム法…, サラーム ジギャール!けんちゃんです! 日本は一般的に社交辞令文化が強い国だと言われていますが、実はイランにも昔から社交辞令文化が非常に根付いています。 イメー…. イランの歴史を語る上で欠かせない事件の一つであるイラン・イラク戦争は1980年から1988年の 8年間に渡り続き、100万人以上の犠牲者を出した戦争です。 地域の鍵となる石油の発見は英国によるものであった(詳細はウィリアム・ノックス・ダーシー(英語版)、アングロ・イラニアン石油会社(英語版)(AIOC)を参照)。地域の支配権をめぐるイギリスとロシアの争いは1907年の英露協商によって勢力圏分割で合意に達した。外国の支配と専制に反対し続けたギーラーンにおける立憲主義運動も1921年、パフラヴィー朝への王朝交替とともに終焉している。, 第一次世界大戦中、イランはイギリス軍およびロシア軍に占領されたが、基本的には中立を維持している。1919年、イギリスはイランに保護領を設定しようとするが、1921年のソヴィエト連邦軍の撤退で断念。同年イラン・ガザーク(コサック)旅団の軍人レザー・ハーンがクーデタをおこし、ついで1925年、皇帝に即位してガージャール朝にかわりパフラヴィー朝を開いた。レザー・シャーの統治は英国の秘密裏の援助によって開始されたが、やがて英国勢力の浸透を防ぎつつイランの開発を進める政策に転じ、約16年にわたった。, レザー・シャーの統治下、政治の非宗教化と部族および地方権力を掣肘し中央集権化がおこなわれてイランの近代化がはじまる。, 第二次世界大戦ではイランはソヴィエト連邦へのレンドリース法に基づく物資供給路として不可欠の位置を占めていた。1941年8月、イラクから進出したイギリス軍および英領インド軍、北から南下したソ連軍がイランを占領。9月にはイギリスによってレザー・シャーが強制的に退位させられ、その子モハンマド・レザー・シャーが後を継いだ(→イラン進駐参照)。モハンマド・レザー・シャーはこの後、1979年まで皇帝としてイランを支配する。, 1943年のテヘラン会談後のテヘラン宣言ではイランの戦後の独立および国境の維持が保障された。しかし、終戦を迎てもイラン北西部に駐留するソ連軍は撤退を拒否、1945年後半にはイラン領アゼルバイジャンおよびクルディスタン北部における親ソヴィエト民族主義・分離主義者による傀儡政権のアゼルバイジャン自治共和国およびクルディスターン人民共和国の設立を援助した。, ソヴィエト軍は1946年5月、石油利権の確約を得てようやく本来のイラン領から撤退、北部のソヴィエト政権は直ちに鎮圧され、利権も取り消された。, 占領後、当初は立憲君主制国家となる望みがあった。若い新皇帝(シャー)、モハンマド・レザーは議会に大きな権力を委ね、君臨するに留まっていたのである。数回の選挙が流動的な状況下でおこなわれたが、これは多くの選挙違反の伴うものであった。議会は慢性的な不安定状態に陥り、1947年から1951年まで6人もの首相が入れ替わりに政権を担うこととなったのである。, 1951年、民族主義者モハンマド・モサッデグが英国の所有する石油会社の国有化を主張して、議会によって首相に選ばれた。これがアーバーダーン危機の始まりである。英国の経済制裁などによる圧力はイランに多大な困難をもたらしたが、国有化政策は続行された。1952年、モサッデグは辞任を強制されたが、選挙での圧勝により再選、ひるがえってシャーに亡命を余儀なくさせた。モサッデグは共和国を宣言するが、数日後の8月19日、アジャックス作戦(英: TPAJAX Project)として知られるCIAと合衆国政府の策謀によってシャーは帰国して復位、モサッデグは職を追われて逮捕され、新任の首相はシャーによって任命された。, シャーはこの事件における米国の支持への見返りとして、1954年、英40%、米40%、仏6%、蘭14%の割合でイラン石油利権を分割する国際コンソーシアムの操業を今後25年にわたって認める契約に調印した。つまり石油の支配権も完全な利益もイランにはもたらされないことになったのである。1950年代末から1960年代には安定が回復した。1957年には16年にわたる戒厳令が解除され、イランはバグダード条約へ加盟し、米国から軍事援助、経済援助を受けて西側陣営にさらに接近する。政府は近代化政策を広範に実施、特に準封建的な土地制度を改革した。, しかしながら改革により経済状態の劇的な改善はなく、自由主義的西欧的政策はイスラーム的な宗教集団、政治集団を政権から遠ざけてゆく結果となる。1960年代半ば以降はモジャーヘディーネ・ハルク(MEK)などの組織の出現にともなって、政情は不安定化してゆく。1961年、シャーの白色革命として有名な、一連の経済、社会、行政改革を開始した。政策の核心は農地改革にあった。近代化と経済成長は空前の勢いで進行、世界第3位の膨大な石油埋蔵量がこれを後押しした。, 1965年の首相ハサン・アリー・マンスールの暗殺事件以降、国家情報安全機関 (イラン)(SAVAK)の活動が活発化。この時期、13,000人から13,500人にのぼる人々がSAVAKによって殺害され、数千人が逮捕・拷問されたと見積もられている。ルーホッラー・ホメイニー(1964年に追放)の指導するイスラーム勢力は反対活動を大々的に繰り広げるようになった。, 国際関係においては1937年の協定でイラクに帰属するとされたシャッタルアラブ川の水路領有権をめぐる争いでイラクとの関係が急速に悪化している。1969年4月中の数回の衝突ののちイランは協定を破棄、再交渉を要求。イランは防衛費に多大な予算をつぎ込み1970年代初頭までには域内第一の軍事大国となっていた。これを背景に1971年11月、イラン軍はペルシア湾口の3島を占領、イラクは報復として数千人のイラン人を追放した。この問題は1975年3月6日のアルジェ合意でようやく解決している。, 1973年半ば、シャーは石油工業へのイランの管理権を回復した。1973年10月の第四次中東戦争にあたっては、西側およびイスラエルに対する石油禁輸措置には加わらず、原油価格上昇の好機をとらえて莫大な石油収入を得て、これを近代化と国防費に回した。1970年代初め、モジャーヘディーネ・ハルクは体制の弱体化、外国の影響力の排除を目的に、軍の契約にかかわるテヘラン駐在の米軍人、民間人の殺害事件を起こしている。, 白色革命以降の経済成長による利益は、しかしながら非常に小さな集団に集中し、大多数の人々に恩恵がもたらされることはなかった。1970年代後半にはいると、宗教勢力に率いられた広範囲な反対運動が起こる。いまやシャーの統治への政治的・宗教的反感、特にSAVAKへの嫌悪が高まっていた。1978年9月、戒厳令が全国主要都市に布告された(黒い金曜日を参照)が、シャーは権力基盤の崩壊を認識。翌1979年1月16日にシャーはイランから亡命し、帝政は崩壊した。, 数ヵ月におよぶシャーの統治への大衆抗議ののち、1979年1月16日、モハンマド・レザー・シャーはイランを去ることを余儀なくされた。短期間の次期政権と政策構想をめぐる攻防では、アーヤトッラー・ホメイニー指導のもとイスラーム国家への移行を支持する連合勢力が勝利した。1979年2月1日、ホメイニーがフランスから帰国(ホメイニーは追放後の15年をイラク、トルコ、フランスで過ごした)し、2月11日、最高指導者に就いた。, 新政府の政策は非常に保守的で、産業の国有化、法律・文化のイスラーム化を断行した。西洋的文化は禁止され、親西側エリートは速やかにシャー同様に亡命した。宗教内の対立派閥の衝突があり、また厳しい抑圧は急速に常態と化した。, 1979年11月4日、アメリカ大使館人質事件が起こった。これはモジャーヘディーネ・ハルクの支持を背景として、好戦的なイラン人学生がテヘランのアメリカ大使館を占拠・人質を監禁したもので、1981年1月20日まで続く(詳細はイーグルクロー作戦を参照)。カーター政権は国交を断絶、1980年4月7日には経済制裁を発動、同月末には救出作戦に踏み切った。しかしこの救出作戦ではヘリコプターに技術的問題が生じたこと、これに伴う空中衝突で8人の米兵を失ったことで4月25日に作戦中止が指令されている。国際司法裁判所は5月24日に人質解放を要求、最終的にロナルド・レーガン大統領就任の日、イラン側の要求をほぼ受け入れて事件は解決した。, 1980年9月22日、イラクがイランに侵攻した。イラン・イラク戦争の勃発である。アメリカ政府はイランの孤立化を試み、米国およびその同盟国は勢力均衡のためイラクに武器と技術を供与した。皮肉にもその裏でレーガン政権高官は秘密裏にイランへ武器、補充部品の売却を行っていた(イラン・コントラ事件)。この戦争は1988年、国際連合安全保障理事会決議598号を受け入れてようやく終結、8年に及ぶ戦争でイランだけで3500億米ドルに達する損害を被った。, 1979年以降90年代まで(また小規模には現在まで[3])、クルド人勢力(民族主義者および共産主義者)と政府のあいだで激しい戦闘が起こっている。これとイラン・イラク戦争の影響により、イラン領クルディスターンの大部分が無政府状態に陥ることもあった[4]。, 1981年、モジャーヘディーネ・ハルクによるイスラーム共和党本部および首相府爆破事件が連続して起こった。これら事件では当時の同党党首アーヤトッラー・モハンマド・ベヘシュティー、大統領モハンマド・アリー・ラジャーイー、首相モハンマド・ジャヴァード・バーホナルなど70人の政府高官が殺害されている。, 1989年6月3日、ホメイニーが死去。専門家会議(高位ウラマーからなる)はアリー・ハーメネイー大統領を後継最高指導者に選出、スムーズな権力移行を内外に示した。, 1991年の湾岸戦争にあたってはイランは中立を維持したもののアメリカに批判的で、イラク航空機および難民のイラン入国を許している。, ハーシェミー・ラフサンジャーニー大統領は一定の多数票を占め1993年に再選されたが、西側の観察では投票率の低下をもって悪化する経済への失望感の表れとの解釈も出た。1997年、ラフサンジャーニーをついで、穏健なモハンマド・ハータミーが大統領となった。これは未だに保守的なウラマーと改革と穏やかな自由化を求める行政府との亀裂をもたらした。1999年7月にはこの亀裂が頂点に達し、テヘランの街頭では大規模な反政府デモが起こっている。騒動は警察および政府支持の民兵によって解散されるまで1週間にわたって続いた。ハータミー大統領は2001年6月に再選されたものの、その政策はウラマーの構成する監督者評議会によってたびたび妨害されている。, ハータミーの再選後、イラン政府内の保守派は自由主義的新聞の発刊停止処分、改革派候補の立候補不適格判断などを通じて改革派の活動を徐々に圧迫していった。異議申し立てへの取り締まりは、ハータミーの改革への失望感と相まって、若年層のあいだに政治的アパシーを醸成。2005年の大統領選挙では、監督者評議会によって1,000人以上の立候補者が不適格とされたうえで、非常に保守的なテヘラン市長マフムード・アフマディーネジャードが選出された。, また2005年8月9日には最高指導者アーヤトッラー・アリー・ハーメネイーが核兵器の製造・配備・使用を禁じたファトワー(宗教令)を発出。当該文書はウィーンでの国際原子力機関(IAEA)会議の席上で公式声明として公開されている[5]。しかし、2006年に入り、核の使用を容認する新たなファトワが宣言された。, 2009年6月12日に大統領選挙が行われ、大差で現職のアフマディーネジャードが再選されたが、敗れた改革派候補ミール・ホセイン・ムーサヴィーは不正選挙を主張、6月13日から市民の抗議デモや暴動が連日発生している。最高指導者アリー・ハーメネイーは「選挙に不正は無かった」と述べ、抗議デモ中止を要求したが、それでも市民の怒りは収まらず、暴動は全土に広がっている。政権側は武力鎮圧する構えを見せているが、治安要員が私服に着替えて抗議デモに参加するなど内部での瓦解が始まっているとされ、現体制は最大の危機に立たされている。, E.U.-U.S. train wreck over Iran?

アフガン侵攻 地獄, エースキラー 声優, 坂本勇人 今日の成績, リスグラシュー 有馬記念, カルテット 名言 行間,