アルゼンチン 観光 治安

それ以外は1回~3回はスリに遭いそうになったり、物を盗まれたことがあるそうです。, 聞いた人数が少ないので、データとしては不十分ですが、この時思ったことがありました。, 日本人旅行者の方は、初日や1週間未満の滞在で強盗被害に遭ってます。 「安全と言われるエリアでも、気を抜かないほうがいいと思う都市」という印象です。, ほとんどの中南米の国々は、都市の中でも治安の良いエリアと治安の悪いエリアに分かれている都市が多いです。, ですが、南米を過ごすにあたって「治安対策の徹底、用心、服装、心構え」などがしっかりとできている人であれば、何事もなく充分に観光を楽しめる都市だと思います。, そして、ナイフや銃を使った首絞め強盗、スリ、置き引き、ケチャップ強盗がブエノスアイレスで発生しているのも事実です。, 事前に知っておけば、防げる可能性があがりますし、万が一遭遇してしまっても、冷静に対応しても被害を小さくできます。, データによると、ブラジルは日系人が150万人以上、アルゼンチンは日系人が3万5千人以上住んでいます。(外務省2008年度公表), しかし、一度も強盗に遭ったことがない人が1人。 アルゼンチンなど治安の心配な地域で滞在する場合には、 海外旅行保険に加入し万が一の事故やトラブルに備えることが大切 です。損保ジャパンや東京海上日動などの海外旅行保険に1週間加入するとなると、約7,000円〜10,000円前後の費用が必要になります。 海外旅行に便利な世界治安ランキング一覧です!外務省の危険度をまとめたもので治安が良い安全な国と治安が悪い危険な国が一覧で分かります。国ごとの平和度、政府腐敗度、平均年収、ビックマック価格など、観光にも便利! アルゼンチンの地方都市や観光都市は比較的治安が安定していると言われていますが、首都のブエノスアイレスは色々と治安の問題について言われています。 そして、 アルゼンチンは通貨が安定せず、情勢の悪化による治安の悪化も露骨に見られる国 です。 海外へ行く時の準備って結構大変ですよね。あれもこれもと詰め込んでしまい、荷物が入らないことや重量オーバーになってしまうこともしばしば。 ただ、南京錠は、私は絶対つけません。, なぜかというと、強盗から見てバッグの中に鍵をつけたいほど守りたい貴重品を持っていると思われますし、日本人観光客と1秒で判断されるので、狙われる可能性が一気に上がるからです。, もし、ケチャップ強盗に襲われた人のリュックに南京錠がついていたら、強盗は現地のアジア人でなく、日本人観光客と判断できていたので、狙って犯行したのだと思います。, こういうことが想像できて、わかっているので、アルゼンチンやブラジルに住む、華僑や日系人は、バックに南京錠をつけないのです。, 貴重品や携帯は体に密着させておいて、バッグには盗まれても辛くないもの、生活用品ぐらいを入れておくべきです。, 中南米では強盗に警戒心を見せるのでなく、現地に住んでいるアジア人と同じように過ごすほうが大切です。, 強盗が襲いたいのは、きちんと気を付けている現地在住のアジア人でなくて、クレジットカードや多額の現金、カメラを持っている日本人旅行者です。, それの判別を強盗ができてしまうので、中南米で南京錠を付けてバッグを前にもったりすると、とても危ないのです。, ブエノスアイレスに限った話ではなくて、中南米では、スリ対策で物を盗まれないように考えることも大事ですが、どのようにナイフや銃を持った強盗から命を守れるかを優先して考えてほしいです。, そして、最初に書いた通り、ブエノスアイレスでは現地のアジア人より、日本人観光客の方が襲われてしまっています。, また、東南アジアなどでよく見る、旅行者のバックパッカースタイルみたいな恰好も中南米の主要都市では辞めるべきです。, 男性で長い髪、伸びたヒゲ、タンクトップや、よれよれのTシャツを着て現地で行動する人は、強盗から見て1秒で旅行者とわかるので優先的に襲われます。, これは、他の中南米の主要都市でも同じことが言えます。 プロフィール 今日は私が本当に驚いた、日本では絶対にありえない「アルゼンチンの普通」を紹介し... 海外に長期にわたって滞在する時、貴方は何を持って行きますか? 趣味 ストレッチ、整体巡り アルゼンチンは、そんな南米諸国において、とても治安のいい国と言われています。実際、ブエノスアイレスの繁華街では、夜中でも女性が一人歩きしている姿を見かけることがあるほど。 !~毎日5分で出来る、簡単、腰回りのストレッチ、美容にも健康にもいい?!~, 5年間考え続けた僕のおすすめストレッチポール活用術 簡単ストレッチで足を休足させよう ~足のむくみをとりスッキリさせよう、むくみ、疲労がとれれば美脚になれる!?~, ナノフットローラー、足裏、腕、ふくらはぎの筋膜リリースに最適 O脚改善&足上げの可動域UP役立つ!?, 巻き肩、肩こりの改善が期待できる小胸筋、上腕二頭筋のストレッチ ストレッチポール活用編 11年間ストレッチ中毒の僕, 片足ブリッジ、ヨガの上向きの弓のポーズ(バックベンド)、肘ブリッジに役立つ肩甲骨、胸、腰、大腿四頭筋のストレッチ SIXPADストレッチリングを活用すればさらに可動域もUP!!, ヨガの弓のポーズ、バレエのアラベスクに役立つ肩甲骨、胸裏、腰、足のつけ根、大腿四頭筋のストレッチ SIXPADストレッチリングを活用すればさらに可動域もUP, SIXPAD、エクササイズバンドは肩甲骨はがし、肩甲骨の可動域ワンランクアップにはおすすめ~11年間ストレッチ中毒の僕, 万が一、強盗にあったら刺激しないでお金をわたしてください、彼らは現金を好みます。命は、お金より大事です。, アルゼンチンじゃ、超有名!? スラム街ビジャ31 ~レティーロ駅からとても近いアルゼンチン最大級のスラム~, ビジャ31よりはるかに危険!!アルゼンチンでナンバー1で危険かもしれないスラム街、その名はビジャ1-11-14 | 気ままな青蛙, ビジャ31の移転先、フエルテアパッチェ ~スラム街が生んだアルゼンチンのスラム街、アルゼンチン元代表カルロス、テベスの故郷~ | 気ままな青蛙. 日本企業・団体に海外での 「南米=治安が悪い」とイメージされる方が多いかと思いますが、実態はどうであるのか、見ていきましょう。 治安は総じて良い. アルゼンチンの治安ですが、残念ながら良いとは言えません。特にブエノスアイレスはスリや強盗も多く、手口も巧妙です。「ビシャ」と呼ばれるスラム街は無法地帯なので、絶対に近づかな … 夜にお酒が入って酔うと、判断力が鈍り、目配りもできなくなります。, これは、他の中南米、コロンビア、グアテマラなどでもよく聞くのですが、酔っぱらった人は強盗も襲いやすいので、狙われます。, その夕食の行き来を徒歩で行き、タクシー代数百円を節約したいがために強盗やスリに遭い最悪の思い出になってしまうことも。, タクシーを使うという、ほんのちょっとした心がけと行動で、犯罪に巻き込まれるリスクを防ぎ、何事もなく楽しい思い出として現地の滞在を過ごせます。, 夜の時間帯の行動やお酒を飲んだ時などは、ブエノスアイレスにはuber(タクシー)がありますので、積極的に使いましょう。, 中南米は、どこでも同じことが言える傾向がありますが、犯罪は夜のほうが起こりやすいです。, 旅行者の方が狙われやすい地区もあったのですが、治安がマシといわれる地区でも、富裕層や観光客を狙った犯行が発生しています。, なので、どこでも気は抜けないという印象です。 治安は南米にしてはマシ。3点。 ただ、ブエノスアイレスと周辺のみなら2点。どこの国でも大都市にはありがちなのだが、首都のブエノスアイレスとその周辺は特に治安がよくない。 大きな街にはビジャと呼ばれるスラム街が存在する。ビジャは特に治安の悪い地域で、殺人・誘拐・強盗といった凶悪な犯罪が多発している。 ブエノスアイレスではレティーロ駅の裏にビジャ31と呼ばれる広大な貧民街が存在するので、迷い込まな …    毎週末、夜行バスにて東京に帰宅 日本の裏側にある南米の国アルゼンチン。ヨーロッパ文化とラテン文化が融合した魅力的な観光地で、南米でも治安が良いとされている国です。果たして現地の治安の実情はどんな感じなんでしょうか?今回は、アルゼンチンの治安事情について紹介いたします。 なぜなら、貴重品を自分から持っていると外で示したくないからです。, アルゼンチンは夕食の時間帯が、夜の20時以降と遅いので、レストランの開く時間も遅いです。, それに私たちが合わせてしまうと、食後、夜の21時~22時前後ごろに外を歩くことになってしまいます。 南京錠付けていれば、チャック開けられないでしょと思う人いるかもしれません。, スリからバッグを開けられないように南京錠を付けたりするのだと思いますが、ブエノスアイレスの強盗は、バッグそのものを強奪する傾向があります。, ナイフや銃で脅してくるか、いきなり後ろから首を絞められて暴力的にバッグごと奪い去るような犯行パターンが多いのです。, (ブエノスアイレスに限らず、中南米は、後ろからチャック開けられるとか、そういう犯行パターンでなくて、いきなり後ろからヘッドロックされて道に押し倒されて気絶させられて、10秒以内に犯行されてバッグごと盗まれているのが現地のニュースで報道されています。), つまり南京錠付けていると「首絞め強盗や、ナイフや銃を持った強盗に目を付けられて、襲われてしまう可能性を上げてしまう」行動をすることとなります。, Iphoneを取られてしまった。それはIphoneを見ながら歩きスマホをしていたから。, 「いやいや、歩きスマホできるほど安全だよ?」という意見もあると思いますが、それは被害者からすると何もなかったから言えることなのです。, 外歩きで南京錠をつけている=日本人旅行者=クレジットカード、多額の現金、カメラを持っている。と判断されてケチャップをかけてきたり、首絞めて気絶させられます。, 外歩きで前にバッグをもつくらいでしたら、しても大丈夫です。 と行く前には色々と危険なイメージや不安はあると思います。, ですが、日本人観光客と思われるような恰好や行動をしなければ、ブエノスアイレスを恐れる必要は全然ないです。, 中南米を過ごす上の治安対策や心構え、行動がしっかりとできる人であれば、全然普通に過ごせます。, ブエノスアイレス含む、中南米で何も被害に遭わない人は、何年現地にいても一切襲われないのですが、襲われる人は何度でも被害に遭い、到着初日や数日ですぐに襲われてます。, それは、運の要素もありますが、ラテンアメリカの治安や過ごし方を理解し、治安対策がしっかりできているかという点の影響も受けていると思います。, 襲われる理由の違いがしっかりと追及できており、治安対策を実行できている人は、ブエノスアイレスに限らず、どこの中南米の国でも何事もなく過ごせる確率がかなり高いです。, *また、常に情勢は異なりますので、在アルゼンチン大使館のHPにて、リアルタイムの治安状況や犯罪傾向、被害情報の確認をして頂くようお願いします。, 被害に遭う確率を下げる要素にもなると思うので、現地に実際に行く際は、よろしければ読んで頂きたいです。, 2019年12月に、ブエノスアイレスで最も安全な地区と言われる「プエルトマデーロ地区」でイギリス人観光客が強盗に銃で撃ち殺されました。, 現地に住むアジア人と同じような普通にお店で売っている服を着て同じような格好をしたほういい. こちら. ストレッチグッズ、小顔矯正、整体を集めたブログを気ままに運営中。 そこで今日はなぜ日本の若者に... 【まとめ買い】キレイキレイ 除菌ウェットシート アルコールタイプ 30枚×3個パック, IINLONG 旅行用変圧器 全世界対応 変換プラグ付き 100V-240V to 100V 変換 四つUSBポート 230W 1年保証 並行輸入品 PSE認証. ニックネーム 青蛙 2015年のアルゼンチン旅行以来、海外移住に憧れるようになりました。 よろしくお願いいたします。 南米でリュックサックを前に持って歩いている人は結構いますし、国によっては全然不自然ではないです。, 前にリュックサックを持つことは、地下鉄や電車に乗っている時であれば、かなり有効です。, それは、確かに理解ができますし、したほうがいいです。 そして、この襲われた人は、観光客に見えていたのだと思います。, 今回の事例ではイギリス人は抵抗して殺されましたが、カナダ人は抵抗しなかったので生きています。, どっちを選ぶかは、その人次第なのですが、死なない判断をしたほうがいいとは思います。, 南米の都市の中でも、事件の発生率はかなり高い都市であり、ブラジルのサンパウロやリオなどと同様に、ブエノスアイレスも用心が必要な都市の1つと思います。, 「世界の傷害事件発生率 国別ランキング・推移」とググるとわかるのですが、データ上の世界一は、南米のガイアナです。, そして、南米大陸ではガイアナに次いで、2位がアルゼンチンであり、世界でも13位に選ばれています。(2015年公表であるので、現在の状況は、異なっているとは思います。), 日本人旅行者が発信している被害報告や、データが示す通り、ブエノス現地で気を付けて過ごさないと、首絞め強盗や銃器を使った暴力的な犯行などに、巻き込まれる可能性があると思います。, ただ、事件発生のデータというのも、その国の警察が優秀であるため検挙率が高いということもあります。, そして、傷害事件発生率と言うのは、貧困層やスラム街のエリアで喧嘩や暴行などが発生している件数でもあるかもしれないので、日本人旅行者とは関係ない数字でもある可能性もあります。, そして、ブエノスアイレスの様々な治安考察があり、現地に住む日本人の方、現地アルゼンチン人の方、日本人旅行者が実際に感じたことなど、全てが貴重な意見であると思います。, 人それぞれ意見は違い、治安考察は主観的な判断であるので、治安の答えは全てが統一するわけではないと思います。, アルゼンチンの地方都市や観光都市は比較的治安が安定していると言われていますが、首都のブエノスアイレスは色々と治安の問題について言われています。, そして、アルゼンチンは通貨が安定せず、情勢の悪化による治安の悪化も露骨に見られる国です。, しかし、治安対策と用心さえしていれば、そんなに過度に怯えて過ごすような場所でもないと思いますし、普通に過ごせると思います。, また、自分からスラムや貧困層の住む地区、レティーロ地区周辺のスラムやボカ地区の貧困 こんにちは、こみあげです! 人口300万弱による大都市、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスの治安について書いていきます。 率直に言ってブエノスアイレスの街は恐いです。 財政破綻からくる民衆の不安も相まってか、ここ数年は旅行者も被害に合うこと 理由は、カメラ、携帯、多額の現金を持っている可能性が高いからです。, つまり強盗犯は「アジア系の見た目の観光旅行者と、ブエノスアイレスに住むアジア系の現地人との違いがわかっている。」ことも考えられると思いました。, 私たちが、日本に住んでいて、日本人、中国人、韓国人の違いを、顔や動きや仕草などでわかるような感じです。, 強盗犯は、見た目、服装、行動、来る場所などで、観光客かどうかを判断できているのです。, そして、その日本人観光客が行く地区は、現地のアジア人がほぼ行かない地区でもあるので、犯罪に巻き込まれてしまうこともあると思います。, 鞄を持っていなければ、まずケチャップ強盗は、ケチャップをかけれないので、狙ってきません。, なぜかというと、盗むものがない人を襲ったところで何も取るものがないので、襲う必要がないからです。, あと、高そうな時計や携帯なども、道で見せないほうがいいです。 妻とともに2015年 アルゼンチン旅行をきっかけに海外移住に憧れを抱く。現在、スペイン語、英語を勉強中, 家族構成 嫁、男の子2人、ストレッチ。 実際、交差点で信号待ちの時計奪われたり携帯奪われている被害例があります。, 強盗が狙うのを決める理由は、意外に単純で「貴重品が見えている」からです。 南米旅行中は、リアルタイムで日本人旅行者、大使館などからの被害情報を集め、そして過去の被害報告などの情報を聞いていました。, そして現地へ行き、アルゼンチン人や日系アルゼンチン人、日本人駐在員の方 安全管理の理論と実践について © 2020 気ままな青蛙 All rights reserved. 今回の記事では昨年に行ったアルゼンチンの治安および南米で治安が悪い国について書かせて頂きます。, 日本では強盗やスラム街が多いと聞いてとても不安だったが全然、身の危険を感じなかった。, また二回目の旅行では、現地のアルゼンチン人の友人、その友人のコロンビア人の彼女にいろいろ教えてもらいました。, 友人「大丈夫だよ、ただスリは多いから、観光客は気をつけないとね、あとスラムには絶対行かないでね、命は保障されないよ。人気のない路地にも入っちゃだめだよ。細い路地には、スリや強盗のグループがたまにいるから、前後からはさまれて強盗にあうよ。」, 友人「でもちょっとに気を付けて、財布、携帯にちょっと気を配ればアルゼンチンは危険じゃないから住みやすいよ。」と, https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcareahazardinfo_21.htmlより引用, スラム街の印象は強いが、財布、携帯をちょっと気にして警戒し、危険な地域に行かなければ楽しく旅行できるということかもしれません。, それもあってほかのラテンアメリカ諸国に比べればアルゼンチンは、比較的安全のようです。, 乗り捨てられた車、荒れた汚い道、不規則に建てられた建物、見れば一発でヤバイ!!と感じる外観です。, なぜかスラム街ではピストルの販売もされていますし、保持している人も少なくないようです。, また首都ブエノスアイレスのスリの多い区域ですが主に観光客の集まる場所には多いです。, これに加え真ん中の赤丸オベリスコ、上の赤丸レティーロ駅にもスリ、ケチャップ強盗は多いです。, 特にオベリスコ周辺は観光客が多く観光資源が集中しているので周辺はスリ、ケチャップ強盗が多いといわれています。, 「レティーロではスリが多いから財布を人から見える場所に置いたり、歩きスマホは絶対にしないほうがいいよ。」, ただ午後2時を過ぎるとお土産屋も閉まり一気に道もボンボネーラ付近も人気がいなくなります。, 友人いわく、強盗にあう確率はかなり高く、レティーロ駅とは比較にならないぐらい強盗が多いみたいです。, 細い路地には座り込んでいるグループが多数おり、観光客がちかづいた途端囲まれて現金を奪われてしまうことは日常のようです。, 有名な街としてはバホフロレス(フエルテアパッチェ)、ビシャ31、ビシャ1-11-14があります。, つまり白人の多いブエノスアイレスでは珍しく、移民やペルー、ボリビア系の血も含まれているかもといことです。, 後で紹介しますがペルー、ボリビア、麻薬産地出身の人たちは麻薬を持ち込むらしいです。, ただアルゼンチンの麻薬組織やスラム街の住人の武器は持っててピストル程度のようです。, 白人の顔立ちとは違い、インディオの血が濃い、黒毛、黒い瞳、浅黒い肌、鼻の高さほりの深さが白人よりない、です。, 治安も悪化し、毎年20000人近いベネズエラ人がアルゼンチンに職と安全を求め移民として来ているようです。, 麻薬は一説にはアンデス山脈の高山病の治療として、500年以上前から栽培しているようです。, またブラジルは地理的にも麻薬の産地と近く、移民の規制もあまり厳しくないので薬が多くはいってきてしまうようです。, ブラジルのスラム街、通称ファベーラでは、麻薬組織が常におり、麻薬売買がされています。, よそ者が近づいたらすぐに下っ端の奴らに通報されて、ヤバイ方たちがでてくるようです。, 旅行される方は移動はタクシー、知らない道は行かない、人、観光客が多い場所にいることを心がけましょう。, 「アルゼンチンの治安は安全か?南米の治安の悪い国とは 男一人旅のアルゼンチン旅行」について書かせて頂きました。, アルゼンチンは識字率が高く、やはり殺人強盗は強盗する側も嫌なようでスリが多いらしいです。, ビジャ31の移転先、フエルテアパッチェ ~スラム街が生んだアルゼンチンのスラム街、アルゼンチン元代表カルロス、テベスの故郷~, アルゼンチン人が大好きで有名なお菓子「アルファホーレス」 アルゼンチン旅行の際はお土産是非オススメ!, ビジャ31よりはるかに危険!!アルゼンチンでナンバー1で危険かもしれないスラム街、その名はビジャ1-11-14, はじめましてご訪問ありがとうございます。管理人、青蛙です。

映画館 コロナ対策 カップル, 筆記体 練習 単語, 低身長 コーデ メンズ 30代, Vab オイル交換 距離, ロードバイク Di2 完成車 おすすめ, 知床 クルーズ 犬, F7 スペルチェック 無効, Css Class 複数指定, イラスト集 本 かわいい, バイク盗難 犯人 ボコボコ, Neutral 脱出ゲーム 攻略 Vision, 50代 男性 ファッション 春,