アメリカニゼーション 日本

", Vincent J. Cannato "How America became Italian,". Andrew Anglophone (Ed. スポーツ "American empire and cultural imperialism: A view from the receiving end. "Temporary American citizens? 冷戦終結は、すくなくともアメリカ的視点に立てば、1980年代初頭にかけてのソ連帝国の崩壊、即ち、ソ連自体の解体とソ連が圧倒的影響力を行使してきた東欧・バルカン諸国の自立化であり、ソ連とこれら同盟国が担った「体制」としての社会主義・共産主義の消滅であった(しかし理念としての社会主義が消滅したことを意味するものではない)。従って、冷戦終結は「建前」としては米ソ両ブロックを解体し、自由民主主義理念のグローバルな展開と、資本主義理念を具体化する市場経済化をグローバルに展開することを保障することになった。少なくともこの可能性・展望こそがアメリカに、これら理念の下に世界が一体化するイメージを与えたといえよう。 注10 Martin Albrow,The Global Age:State and Society beyond Modernity,(Cambridge University Press,1996). "The return of assimilation? 5,885円, 送料込で 5,500円 Seth Korelitz, "'A Magnificent Piece of Work': the Americanization Work of the National Council of Jewish Women.". 5,665円相当, 送料込、後日ボーナス等がついて 注2 Anthony G.McGrew,"The Giobalization Debate:Puttig the Advanced Capitalist States in its Place",Global Society,Vol.12,No.3,(September 1998)pp.300-302. スマホ、タブレット、パソコン 実質 注14 Competitiveness Policy Council,First Annual Report to the President and Congress:Building A Competitive America,March1,1992,pp.3-4.なお同委員会は「1988年包括通商法(the Omnibus Trade and Competitiveness of 1988)]」を修正した「1990年関税・通商法(the Customs and rade Act of 1990)]」に基づき設置された委員会で、国際経済研究所長のフレッド・バーグスティンが委員長を務め、大統領・上院・下院それぞれが指名した4名ずつの委員、合計12名から構成された。なお、競争力政策論議はすでにレーガン政権期に始まっており、ヒューレット・パッカード社会長のジョン・ヤングが委員長を務める「産業競争力に関する大統領諮問委員会」(ヤング委員会)が1985年、Global Competition:The New Realityと題する報告書を発表していた。しかしレーガン政権の「自由解放的政策」とは相入れず、棚ざらしされてしまった。, 注16 ビル・クリントン「経済改革演説:アメリカ変革のヴィジョン」「エコノミスト」4月5日号、毎日新聞社、1993年、65-75頁。, 注17 Office of Technology Assessment,Adjusting to a New Security Environment(February 1991),Re-designing Defense(July 1991),After the Cold War(February 1992),Building Future Security(June 1992),Defense Conversion(May 1993), 注18 シルヴィア・オイストリー著(新田光重訳)「テクノ・ナショナリズムの終鳶」大村書店、1998年、145-146頁。, 注20 上志田征一・田村秀夫・日本経済研究センター編「ネットワーク資本主義」日本経済新聞社、2000年、24-26頁および「日本経済新聞」2000年11月17日「米、ITの「負」の側面直視を」。, 注22 アメリカ商務省(室田泰弘訳)「デジタル・エコノミー」東洋経済新報社、1999年、6頁。, 注23 アメリカ商務省(室田泰弘訳)「デジタル・エコノミーⅡ」東洋経済新報社,1999年、32頁。, 注25 リチャード・ローズクランス「バーチャル国家の時代」日本経済新聞社、2000年、8-10頁および197-207頁。, 注27 ダンカン・キャンベル「通信諜報包囲網・エシェロンの実態」「世界」10月号、2000年、209-223頁。, 注28 Laura D'andrea Tyson,Who's Bashing Whom? 注6 James H.Mittelman,The Globalization Syndrome:Transformation and Resistance(Princeton University Press,2000),p.6, 注8 David Held and Anthony McGrew,with David Goldlatt and Jonathan Perraton,"Globalization",Global Governance,May 1999,pp.483-484. 即ち、冷戦期、自由民主主義と資本主義はアメリカ・ブロック内部の理念と政策でありソ連・ブロックは勿論のこと非同盟諸国においてすらも追求されるべき理念とはなりえなかった。否、アメリカおよび同盟国においてすらも、この理念の実現は「冷戦の厳しい現実」の前にしばしば抑制され、特にアメリカ軍が駐留する同盟国においては理念とは正反対の現実すら強制された。 楽器、手芸、コレクション 花、ガーデニング 文献学的に見れば、グローバリゼーションに関する主要な論文・研究書が登場するのは1990年代に入ってからのことである。それはグローバリゼーションなる現象が鋭く冷戦終結と密接に結びついて認識され始めたことを意味する。ソ連帝国の崩壊、即ちソ連自体の崩壊とソ連ブロックの解体、その過程で勃発した湾岸戦争における実質的にはアメリカの圧勝は、一方でアメリカ国民に「ヴェトナム・シンドローム」を最終的に払拭させてある種の愉悦感に浸らせ、フランシス・フクヤマに「歴史の終わり」を書かせ、他方でグローバリゼーションはアメリカナイゼーションであるとのイメージすら世界各国に植えつけるほどに各分野でアメリカ的様式・システムを強制してるかの印象を与え始めた。1990年代に入ってから活発化したグローバリゼーション研究は、アルブロー(Martin Albrou),ヘルド(David Held),マッグルー(Anthony McGrew),クラーク(Ian Clark),ハースト(Paul Hirst),ロビンソン(William I.Robinson),グレイ(John Gray)など、圧倒的にイギリス学派が中心になっていることもこのことと無関係ではないであろう。注10即ち研究者を含め多くのアメリカ人が冷戦の「勝利」を当然視する傾向が強く、Pケネデイなどの「衰退派(declinist)」は冷戦勝利の興奮と愉悦感の中に埋没してしまい、その結果、多数派は現象化しつつあったグローバリゼーションを客体化できなかったのであろう。 実質 アウトドア、釣り、旅行用品 アメリカニゼーションは、1991年のソビエト連邦崩壊と2000年代中盤の高速インターネットの登場により一般的となった。 近年のヨーロッパではGoogle、Facebook、Twitter、Amazon、Apple社、Uberなどの巨大ハイテク産業によるアメリカニゼーション、また課税問題と寡占のさらなる懸念が高まっている。 Changing perspectives on immigration and its sequels in France, Germany, and the United States. キッチン、日用品、文具 "Revisting Assimilation: The Rise, Fall, and Reappraisal of a Concept in American Ethnic History. 注5 William E. Scheuerman,"The Twilight of Legality? この意味では国内的にはIT技術を中心とした軍需の民需転換は成功したといえる。 3つの分野の中でアメリカにとって最も効果を発揮したのが金融分野であった。国際金融の中心であるアメリカ金融界はIT技術を金融工学と融合させ、リテール(小口金融)部門に経営資源を集中しグローバルな事業展開を行っている。またアメリカの投機家集団や機関投資家は1970年代から資本規制が徐々に緩和・撤廃されるにつれ、株式・債権・為替トレーダーとしてコンピューター・マウスのクリック一つで投資信託・年金基金・新興ファンドの間で膨大な資金を、しかも短期間で動かすようになり、1997年のアジア通貨危機を引き起こすことになった。 これを日本による韓国の「植民地化」ととらえる考え方があり、むしろ、それが一般的な風潮となっています。もちろん、韓国や北朝鮮は政治的な利害からそう主張している。しかし、それは日本と朝鮮半島という、地域的にも思想的にも限定的な、狭い見かたにすぎません。アジアに対する欧米の帝国主義、植民地主義が当然とされていた時代の、世界史的な視野で見るべきだと思います。, たとえば、英語の文献では、日韓合邦のことを「アネクセイション」(annexation)と表現しています。これは「植民地化」を意味する「コロナイゼーション」(colonization)とはイメージがまったく違う。歴史を公平に客観的に見るには、言葉が当時どのように使われていたかを知ることも重要です。現代の常識で過去を断罪すべきではありません。頭ではわかっていても、ついついいまの物差しで歴史を計ってしまいがちです。, そこで、少々衒学めきますが、初めに「アネクセイション」と「コロナイゼーション」の違いをイギリスの辞典などにもとづき、できるだけわかりやすく述べておきたいと思います。, まずコロナイゼーションの語源を考えてみましょう。“colonization”の“colo”は「耕す」とか「居住する」という意味です。このラテン語の動詞の過去分詞“cultum”は「耕された」「洗練された」の意で、「耕作」「教養」の意味の英語「カルチャー」(culture)も、そこからきています。, “cultum”の派生語である“colonia”(コロニア)は、「農場」「領地」という意味でした。元来はローマ帝国の拡大にともなって新たな征服地へ移り住んだローマ市民、とくに「ベテラン」(veteran)と呼ばれる除隊した兵士たちが住んだ土地のことです。彼らはローマ市民権を持ち、駐屯兵として帝国防衛の役割も担いました。「屯田兵」のようなものと言えばわかりやすいでしょうか。, イギリスをみてみると、ブリテン島にはローマのコロニアが九つありました。よく知られている地域では、ロンドン、バース(Bath)、チェスター、リンカーンなどがあげられます。いずれも当時はローマのコロニアでした。, さて、ローマ時代には「農場」「領地」という意味だった「コロニア」が、やがてギリシャ語の「アポイキア」(apoikia)の意味にも使われるようになりました。ギリシャはシュラキウスやイタリアの島に入植し、独立・自治の・植民地を建設した。それが「アポイキア」で、メトロポリス(母なるポリス)から独立して住むところという意味でしたが、それもラテン語ではコロニアというようになったのです。, では現代英語で「植民地」をさす「コロニー」(colony)という言葉はいつから使われるようになったのか。, 最初にコロニーという言葉を英語で使ったのは、リチャード・イーデンという十六世紀イギリスの翻訳家です。ペルーのインカ帝国を滅ぼし、文明を破壊した例のスペイン人、フランシスコ・ピサロの行状を書いた本の翻訳のなかで彼が初めて「コロニー」という言葉を使いました。一五五五年に出版した“The Decades of the New Worlde, or West India”(「新世界あるいは西インドの数十年」)という本に出てきます。, 現代語の「コロニー」、つまり「植民地」という言葉は、大航海時代、ペルーの先住民族を絶滅にまで追い込んだピサロの非道な侵略・掠奪を連想させる言葉として英語に入ったわけです。一五五五年といえば、毛利元就が厳島の戦いで陶晴賢を破って中国地方を支配する基礎を固めた年。織田信長が桶狭間の戦いで今川義元に勝利する五年前です。, 「植民地をつくる」という動詞コロナイズ(colonize)、そして「植民地化」という名詞コロナイゼーション(colonization)は、一七七〇年、エドマンド・バークが最初に使いました。著書“The Thoughts on the Present Discontents”(「現代の不平家についての考え」)のなかで彼は、“Our growth by colonization and by conquest”(イギリスのコロナイゼーションと征服による成長は……)という言い方をしています。, その六年後の一七七六年に刊行された、アダム・スミスの『国富論』には“The discovery and colonization of America”(アメリカの発見と植民地化)という用例が見られます。インディアンを蹴散らして強引に土地を奪うというニュアンスです。日本でいえば田沼時代にあたります。, イギリスの詩人・作家であるロバート・サウジーは、晩年には『ネルソン提督伝』を書き、小説家のウォルター・スコットの推薦で桂冠詩人にもなっていますが、若いころは、いまでは忘れられている「パンティソクラシー」(pantisocracy)、日本語にすれば「万民同権社会」なるものを夢見た人で、ドン・マヌエル・アルバレース・エスプリエーラというスペインの旅行者が書いたという設定の“Letters from England”(「ロンドン通信」一八〇七年)に、次のように書いています。, 「犯罪者をもって植民させる(colonize)ことはイギリスのシステムの一つである」, つまり、イギリスが植民地に犯罪者を送り込んでいることを批判しているのです。彼はまた、英国人の生活は、とくにその産業的・商業的な拡大(industrial  and commercial expansion)という面で非常な危険にさらされているとも言っています。, この頃から、英語の「コロナイズ」には侵略・掠奪というイメージがあり、イギリスの心ある人たちはみな悪い意味で使っていたのです。.

エミリアーノサラ なぜ, 坂本勇人 座右の銘, ダーツ 引退, エール コード グリーン, ブックオフオンライン アクセスできない, ロッテ 移籍した選手, Nhk 受信料 世帯主, 森内チャンネル なんj, ウイニングポスト9 2020 ヒシアマゾン 引退, 岡山 高校サッカー 2020,